仮想通貨取引所Poloniex、年末に7通貨廃止 日本の取扱銘柄もリスト入り

仮想通貨取引所Poloniex、年末に7通貨廃止

仮想通貨取引所ポロニエックスは、2019年の年末に上場廃止する7通貨を発表した。

上場廃止銘柄リストには、日本のホワイトリストにも入るFactomのほか、ビジネス的な関係性の悪化との関連性が指摘されるDigibiteの記載がある。

  • DigiByte (DGB)
  • Factom (FCT)
  • MaidSafeCoin (MAID)
  • Omni (OMNI)
  • Primecoin (XPM)
  • Vertcoin (VTC)
  • Viacoin (VIA)

取引通貨の上場廃止基準には、取引高の少なさや、開発状況、法的な問題などが含まれる。

これらの通貨は2019年12月30日17時(UTC)に取引を、2020年1月30日17時(UTC)に出金サポートも停止する予定だ。

関連:poloniex


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します