ビットコイン・アルトコイン市場の2020年予測 BitMEXリサーチ

BitMEXリサーチの予測

BitMEX(ビットメックス)リサーチは2020年の仮想通貨市場予測を行なった。ビットコイン(BTC)のボラティリティは今後も継続する可能性が高いという。

(MATICとは、仮想通貨MATICではなく、英サッカーチームMUのプレイヤーを指す。)

ビットコインの価格が2000ドル〜15000ドルの間で上下し、来年にも15000ドルを超えることがないとの予想になる。今年のATHは6月末の13868ドルだった。

ビットコインは来年5月ごろに、マイニング報酬の半減期を迎えるため、この大型イベントに際し価格が高騰する予測が散見する。しかし半減期まで6ヵ月を切った今も下落トレンドが続いているため、すでに価格に織り込まれているとの見方も多い。

関連今回のBTC半減期は期待できない? 仮想通貨市場の過去パターンを繰り返さない理由=著名アナリスト

BTCドミナンス

ビットコインの市場ドミナンスに関して、30%〜75%に留まると見ている。ドミナンスとは、個別通貨の時価総額が全体時価総額に比例する割合だ。ドミナンスが高ければ、比較的に高い時価総額を意味する。投資家のマネーフローを示す1つのインジケータだ。

現在のドミナンスはおよそ69%だが、今年の9月は一時的に71%に達した。この時期に、ビットコインは6月の急伸相場から、10000ドルラインに落ちてきた状況だったが、アルトコインの下落幅はそれを上回っていた。

75%以上だったドミナンスは2017年2月以降下落、約一年後の2018年1月(ATHから暴落)には33%を割ったが、30%以下に落ちることはなかった。2019年においても、51%〜71%の幅で変動していた。

BitMEXの予測するビットコインドミナンスから、アルトコイン全体ドミナンスは25%〜70%になる。2019年の29%〜49%に比べ、変動幅はより広くなり得る模様だ。

4500以上のアルトコインが存在するが、バイナンスやOKExなどの主要取引所は流動性の低い通貨ペアを廃止する方針を取っている。

著名アナリストのWilly Woo氏や、TheBlockのリサーチ責任者Larry Cermak氏の統計によると、95%(以上)のアルトコインは「非流動的」だという。

例として、ビットコインの流動性は時価総額2位のイーサリアムの5倍ほどに及ぶ。

CoinPostの注目記事

オーダーブックで現物仮想通貨取引所の流動性を評価:BTC・ETH・XRP
The Blockは、水増しがしにくいオーダーブックを用いて、仮想通貨取引所の流動性を調査。BTC・ETH・XRPの流動性を取引所ごとに改めて計測した。
リップル社CTO独占インタビュー「仮想通貨XRPの流動性、金融機関との関係について」|XMJ2019
XRP MEETUP JAPANにて、リップル社デイビッド・シュワルツCTOにCoinPost独占インタビューを実施。XRPの流動性、リップル社と金融機関と関係についてGiantGox氏と共に見解を伺った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら