東海東京、仮想通貨サービスを地銀にも提供へ Huobi日本法人への出資・連携で

東海東京、仮想通貨サービスを地銀にも提供へ

東海東京フィナンシャル・ホールディングスが、日本で仮想通貨交換業を営むHuobi(フォビ)に出資を行なったことが明らかになった。

日経新聞の報道によると、仮想通貨を通じた資金調達に仮想通貨取引所が関わる「IEO」サービスで連携、地域通貨発行などのサポートも行う。

東海東京フィナンシャルHDは、出資するフィンテック企業のサービスをまとめた新たなインターネット証券やスマートフォン向けアプリの開発を行なっており、仮想通貨取引もサービスに加えて、連携を希望する地銀向けに提供する方針だという。

IEOは、通貨を発行する企業や団体などから、取引所が販売などの仲介を行うモデルで、プロジェクト調査や、IEO実施後の上場など、仮想通貨取引所が請け負うことで、規定がなかったICOの代替資金調達モデルとして誕生した。

世界では、すでに多くのIEOが行われており、下火傾向にあるが、日本では未だ実現していない。しかし、規制環境が整い、仮想通貨の取り扱い審査も厳格な日本で行われる意味は大きく、海外のIEO事例とは異なる流れで発展する可能性がある。

例えば、クラウドファンディングの発展したモデルや、地方活性化に役立てるモデルなどがある。Huobiと東海東京フィナンシャルHDも、この地方活性化に注目、地域通貨などの発行のサポートにも繋げていくことも検討するという。

なお、現時点で国内のIEO実施関連では、Huobi Japanの他にコインチェックが検討を表明している。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス

東海東京証券を中心とする東海東京フィナンシャル・グループの証券持株会社。地域戦略やアライアンス戦略を推進、証券ビジネスを中心に顧客ニーズにあった金融商品、サービス、ソリューションを提供している。

参考:日経新聞


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら