仮想通貨取引所バイナンス、欧州3ヶ国の法定通貨に新規対応 

新規対応に、バイナンスの法定通貨

バイナンスは引き続き、新たな法定通貨に新規対応する。

新たに加わったのは、ユーロ(EUR)を利用しない3つのEU加盟国の法定通貨だ。

  • チェコ CZK
  • ブルガリア BGN
  • ルーマニア RON

これらの法定通貨を介して、BTC、ETH、BNB、XRPの直接購入ができる。

仮想通貨の世界ネットワーク化に向けて、バイナンスは計24の法定通貨に対応、法定通貨の世界シェアで10%を超えている。

こちらが現在の対応リストになる。

法定通貨のリスト:板取引対応

  • ロシア(RUB)
  • トルコ(TRY)
  • ユーロ(EUR)
  • ナイジェリア(NGN)

法定通貨のリスト:販売所形式

  • チェコ(CZK)
  • ブルガリア(BGN)
  • ルーマニア(RON)
  • オーストラリア(AUD)
  • カナダ(CAD)
  • メキシコ(MXN)
  • コロンビア(COP)
  • ブラジル(BRL)
  • アルゼンチン(ARS)
  • イギリス(GBP)
  • ベトナム(VND)
  • インドネシア(IDR)
  • 米国(USD)
  • 中国(CNY)
  • インド(INR)
  • ウクライナ(UAH)
  • カザフスタン(KZT)
  • ポーランド(PLN)
  • スウェデン(SEK)
  • タイ(THB)

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

バイナンス、世界21の法定通貨に対応 仮想通貨世界ネットワーク計画で
仮想通貨の世界ネットワーク化へ バイナンスがすでに21の法定通貨に対応、法定通貨の世界シェアで10%を超えた。アルト市場への追い風ともなるか。
豪州の森林火災で、バイナンスが100万ドル相当の仮想通貨BNBを寄付
豪州森林火災で8000頭のコアラが犠牲になるなど、深刻な被害に対して、世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは仮想通貨の寄付を募集開始した。自ら100万ドル相当のBNBを寄付する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します