クレイグの担当弁護士が暴露 「巨額BTCの秘密鍵は受け取っていない」

秘密鍵は受け取っていないと主張一転

自称サトシのクレイグ ライトの担当弁護士はビットコインの秘密鍵を受け取っていないとのことを海外メディアDecryptに暴露した。

BTCの早期マイニングで得た報酬の所有権を巡る裁判で、問題の中心となるBTCにアクセスするための秘密鍵の有無は二転三転している状況にある。

ライトは先日、鍵を入手できたとした法律書類を裁判所に提出したが、それを翻すかたちで担当弁護士は否定している。

本裁判では、ライト氏と故デイブ・クレイマン氏が、2009年から2011年の間に共同で行ったマイニングの報酬の所有権が争われている。

報酬額は計110万BTCにおよび、2013年に死亡したクレイマン氏の遺族は、共同でマイニングしたにも関わらず、ライト氏が全報酬を着服したと主張し訴訟を起こした。裁判所は昨年8月当初、ライト氏に対しマイニング報酬の50%を支払うように命じた。しかし最新の判断では、別の裁判官が現時点では確認されている事実にまだ不明確な点があるとみなし、2月3日までに鍵を入手するように判断し直した。

弁護士の情報によると、現時点では鍵を受けていないが、「ライトは後日に関係者から受け取ると見込んでいる」と話し、「(マルチシグであるため)完全な鍵か、もしくは部分的な鍵が届くかもしれない」と言及した。

参考:Decrypt報道

CoinPostの注目記事

クレイグ・ライト氏、110万BTCの鍵を入手 裁判の提出書類で判明
クレイグ・ライト氏が、裁判で所有権が争われている合計で110万BTCのマイニング報酬へアクセスするための鍵を入手したことが分かった。仮想通貨ビットコインSVの高騰にも影響か。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します