携帯会社大手ボーダフォン、リブラ協会を脱退

英ボーダーフォンもリブラ脱退

日本でも馴染みのある世界最大の多国籍携帯電話事業会社ボーダフォンは21日、仮想通貨リブラを運営するリブラ協会から脱退した。ボーダフォンおよびリブラ協会の報告内容から判明した。

ボーダフォンの脱退で、リブラ協会への参加中止を発表した企業は計7社。企業名はボーダフォンの他に、イーベイ、ビザ、マスターカード、ペイパル、メルカドパゴ、ストライプの決済企業6社がある。

ボーダフォンの責任者は今回の脱退について、「金融包摂への取り組みは今後も続けるため、M-Pesaに専念する。これからもリブラの進捗に留意する上で、また運営に加わる可能性はある」と説明した。

M-Pesaとは、ボーダフォン関連の企業が2007年にアフリカで展開したモバイル銀行サービスだ。

リブラ協会の責任者はボーダフォンの決定について、「協会の参加企業は時間の変化とともに変わるが、リブラの決済システムを引き続き開発することに変わりはない」と発言した。

各国政府がリブラへの規制対策を強化する意思を示す中、イーベイ、ビザ、マスターカード、ペイパルらの決済6社は昨年10月に脱退する声明を発表している。

ボーダフォンの脱退を受け、ウーバーやリフト、仮想通貨取引所コインベースなど計21社が現時点の加盟予定企業として準備事業を進めている。

参考:Cointelegraph報道

CoinPostの注目記事

日欧中銀と国際決済銀行、デジタル通貨発行の共同研究へ
日本銀行やイングランド銀行を含む6中央銀行と国際決済銀行は21日、デジタル通貨の発行や利用例について共同研究を行う新組織の立ち上げを発表。 米中の中銀は参加していない。
米PayPal社CEOが語る「仮想通貨リブラプロジェクト脱退の理由」 ビットコイン(BTC)の保有も明かす
米決済大手PayPal社CEOが、米フェイスブック社主導の仮想通貨リブラプロジェクトへの参加を見送った理由を語った。仮想通貨ではBTCの保有を明かした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用