速報 LINEの独自仮想通貨「LINK」が日本で売買可能に

LINEの独自仮想通貨「LINK」が日本で売買可能に

LINEで仮想通貨事業を展開するLVC株式会社は30日、日本の新規銘柄としてLINEの独自仮想通貨「LINK」を取り扱う予定を発表した。

LINKは、シンガポールに拠点を持つLINEの傘下企業が2018年に発行した仮想通貨銘柄で、LINEの国外仮想通貨取引所BITBOXで取引されていた。

LINKトークンは、LINE Token Economy構想で利用が見込まれている仮想通貨。インターネットとSNSの普及によりコンテンツ生産者が増加する現代の中で、適切なユーザー還元の仕組みとしてLINEが構想する新プロジェクトで活用される。

LINKの上場はBITBOXに続く2社目。日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が定める新規通貨取扱いプロセスに則り、20年4月に上場する予定。具体的な日時などは、追って詳細が公開される。

BITMAXは現時点で、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5銘柄を取り扱っており、LINEメッセージアプリからもアクセスが可能だ。

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)上昇一服、イーサリアムクラシックやモナコインへの資金流入も|仮想通貨市況
急騰後のBTCが振い落としの様相を呈するなか、メジャーアルトの循環物色も目立ち始めてきた。なお、Binance Academyによれば、BTCの半減期は、残り94日(2020年5月3日)前後と予想される。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【2/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら