米グーグル、独自の暗号鍵が構築可能に OpenSKプロジェクト開始

独自セキュリティキーの構築が可能に

米Googleがオープンソースプロジェクト「OpenSK」を開始したことが分かった。GitHubで公開されているこのプロジェクトでは、開発者が独自のセキュリティキー(クリプトキー)を構築することができる。

インターネット上のパスワードをより安全な認証方法に置き換えることを最終目標としており、Googleのブログ投稿では、オープンソースとして公開することの意図を、次のように述べた。

研究者と開発者のコ​​ミュニティの力を借り、OpenSKがやがて革新的な機能、強力な暗号技術をもたらし、信頼性の高いフィッシング耐性トークンとパスワードレスWebの普及を促進することを目指す。

小型機器で身元を証明

従来の2FA(二段階認証)形式では、多くの場合、SMSベースの認証を中心に展開されていた。対照的に、暗号キーはコンピューターにドングル(PCに接続する小型機器)より直接入力され、身元を証明するという。

出典:Google

Googleは、半導体メーカーNordic Semiconductor社の無線通信用チップをドングルに選択、この10ドルのドングルをGoogleのオープンソースファームウェアと一緒に使うことにより、誰でも自分でOpenSKのパラメーターを自由にテストし、拡張するなど、独自のセキュリティキーを作成することが可能だ。

ハードウェアは、NFC、Bluetooth Low Energy、また専用ハードウェア暗号化コアを備えたUSB-Aを備えている。Googleは、キーを保護して携帯するための、3D印刷可能な収納ケースも提供している。

ユーザーがオンラインのデータをより細かく制御できる、プライバシー重視の分散型インターネットへの取り組みは拡大し続けており、GoogleのOpenSKプロジェクトも人々がオンラインで自分のIDをより簡単に保護できるようにして、このトレンドを促進するものになりそうだ。

さらにOpenSKプロジェクトにより、人々は自宅で、オンラインIDとアカウントを制御するのに役立つデバイスを使用することに馴染み、仮想通貨のハードウォレットなど類似デバイスの導入も容易になる可能性が考えられる。

参考:グーグルブログ

CoinPostの注目記事

中国、暗号法を正式に施行 ブロックチェーンやデジタル人民元で法的基盤
2019年仮想通貨やブロックチェーンで再び揺れた中国で、暗号法(密码法)が正式に施行された。ブロックチェーン技術の促進やデジタル人民元にも法的基盤を提供するものとなる。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら