CoinPostで今最も読まれています

サイバーエージェントビットコイン(CA bitcoin)に独占インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Q. 仮想通貨の取引所を立ち上げるまでの経緯を教えてください。
A. ブロックチェーンという技術が今後のインターネット全体に普及する時代がくる可能性があると考えており、「エンタメ金融」でも大きな変革が起きるかもしれません。そんな将来に向け、まず取引所やウォレットが整備される必要があると考え、設立に至りました。
Q. 様々な取引所が存在する中、CAbitcoinの優位性は何ですか?
A. 現在の仮想通貨取引所はITリテラシーの高いマイノリティ向けに設計されていますが、CAbitcoinはマジョリティ向けに最適なUI/UX設計のノウハウがある点です。
Q. 取引所のセキュリティー対策はどのようにお考えですか。
A. bitbankと提携し、不正対策を行っていきます。また、他の事業で培ってきたセキュリティ監査技術も加え、 CAグループ主体で対策を進めます。

サイバーエージェントビットコイン(以下CAbitcoin)は、サイバーエージェント(以下CA)が立ち上げた仮想通貨取引事業子会社で、2018年春の運営開始に向けて仮想通貨交換業者への登録を進めています。

CAグループは、メディア事業として、アメーバブログAbemaTVなど、時代の変化に応じたソーシャルメディアサービスを提供しています。

また、ゲーム事業としては、グランブルーファンタジーのCygamesをはじめ、ゲーム制作子会社が人気コンテンツを提供しています。

CAグループが目指す「エンタメ金融」の発展に向けて、CAbitcoinは重要な役割を果たすでしょう。

今回は、CAbitcoin代表取締役の卜部宏樹氏へのインタビューを掲載いたします。

長時間のインタビューにご協力頂いた卜部宏樹氏に御礼申し上げます。

インタビュー内容一覧

Q. CAbitcoinを立ち上げるまでの経緯を教えてください。

もともとCAグループ内で仮想通貨事業への関心が集まっており、取引所事業に限定せず仮想通貨に関連したさまざまな事業アイディアが漠然とありました。

金融庁が正式に仮想通貨交換業者の登録を開始し、仮想通貨取引が社会に根ざしていく可能性が高まりました。

そこで、仮想通貨事業への参入の一歩として、まずは仮想通貨の取引所やウォレットといった基盤をしっかり作っていくことが先決であると考え、CAbitcoinの設立へと至った次第です。

Q. CAグループではいつ頃から仮想通貨事業への参入を考えていましたか。

CAグループは常に新規事業の模索を続けているため、以前から仮想通貨事業に興味を示す社員は何名かいました。

役員会で参入するのが正式に決定したのは、CAbitcoinが設立した2017年10月2日の1ヶ月ほど前だと思います。

Q. 今現在、どの程度までサービス提供への準備が進んでいるのでしょうか。

今春に向けてサービスのリリースを開始する予定で、その準備は順調に進んでいます。

金融庁への登録も並行して進めています。

Q. CAbitcoinのメンバーは何人くらいで構成されていますか。

CAbitcoin専属で取り組んでいる社員が10人ほどです。

金融庁への対応も含め、本社の経営本部からのバックアップもあるため、それも含めると2,30名ほどで事業を進めています。

Q. 様々な取引所運営会社がある中、CAbitcoinではどんな点を差別化して取引所を立ち上げるのでしょうか。

UI/UX(WEBサイト、アプリがユーザー使用のために最適化される使いやすさ)の特化が一つ優位点として挙げられます。

CAグループでは従来AbemaTVなどの他事業でUI/UXの高い評価を受けており、社内にそのノウハウが蓄積されています。

今の仮想通貨取引のボリューム層はいわゆるITリテラシーが高い人であると思っていて、取引所はある意味そういった方向けに作られている印象を受けています。

一方、マジョリティ向けの最適なUI/UX設計はCAグループの得意分野であると所だと考えています。

Q. 金融庁への登録に向けて注力している点は。

金融庁は認可に際してユーザー保護の観点を重要視されているので、やはりプライバシーには細心の注意を払っています。

Q. CAグループは他にも多種多様な事業展開を手がけていますが、CAbitcoinは他事業と比較してどのような位置づけで事業を進めていくのでしょうか。

CAbitcoinのUI/UX設計チームには、社内でもトップのエンジニア、クリエイターを集めています。

ブロックチェーンという技術が今後のインターネット全体に普及する時代がくる可能性があると当社では考えており、ゲーム、メディア、広告事業など他の分野でも大きな変革が起きるかもしれません。

そんな将来に向け、仮想通貨やブロックチェーン技術のプラットフォームとして取引所やウォレットが整備されていることが、CAグループ全体にとっても大きなプラスになると思っています。

Q. CAbitcoinの企業理念はありますか。

新規事業で設立からまだ半年も経過していないため、まだ正式に決めているものはありません。

ただ、仮想通貨そのものを一般の人たちに普及させていくのが我々の信念であると考えています。

Q. CAグループの他事業との提携についてはアイディアはありますか。

まずはユーザーフレンドリーで安全な取引所を作ることが先決です。

一部、ゲーム事業やAbemaTVとの連携についても模索していますが、まだアイディア出しの段階です。

社内では、CAbitcoin主導でグループ内に向けたブロックチェーンの勉強会などを開いたりもしています。

CAグループは全体で約5000人の社員が在籍していますが、勉強会で300人ほど集まることもあります。

エンジニア限定の勉強会だけでも100人集まるほどです。

CAグループは基本的に新しいことが好きな人が多いので、今は仮想通貨、ブロックチェーン技術について知識の底上げを図っている段階です。

これらの分野に対して社内全体の理解が増えると、各部署からアイディアが浮かんでくるだろうと考えております。

そこでCAbitcoinによる取引所があることで、そこを基盤としてさらなる事業展開に繋がるという掛け算を期待しています。

ゲーム、メディアがあり、そこに仮想通貨が絡んでくることでエンターテイメントを基盤としたCAグループ全体のエコシステムを大きくしていくことが最終的な狙いです。

Q. 取引所で一番問題なのはセキュリティ面だと思いますが、その対策はどのようにお考えですか。

ユーザー保護のため、セキュリティ面にはかなり力を入れて開発を進めております。

取引所の開設にはbitbankが提供するホワイトラベルを利用するため、bitbankと連携してしっかりとした不正対策を行っていく考えです。

また、CAグループには様々なコンテンツを運営してきたノウハウがあるので、他の事業で培ってきたセキュリティ監査技術も加え、グループ主体で対策を進めます。

Q. bitbankとの関係は。

まさに二人三脚で開発を進めております。

CA側はUI/UX設計を徹底しています。

HFの対応など、仮想通貨取引そのものについてはbitbankの得意分野のため、開発にはしっかりと住み分けを行っています。

Q. 通貨マイニング業界への進出は考えていますか。

あまり考えておりません。

会社としてはあまり得意分野ではないかなと思います。

Q. 今までCAグループではFX事業への経験があると思いますが、仮想通貨取引との関連はありますか?

本人確認やカスタマーサポートなどでは応用できるノウハウがあると思います。

しかし、当社のスタンスとして、仮想通貨を投資商品としては考えておらず、エンターテインメントの中で互換性のある便利なツールとして普及することを望んでいます。

仮想通貨を「エンタメ金融」として捉えている点では、FXや株式投資とは全くの別物として扱う考えです。

Q. 今後の展望についてどうお考えでしょうか。

直近のことばかりですが、まずは使いやすいUI/UXで安心安全に使えるものをリリースすることに全神経を注いでおります。

カスタマーサポートやセキュリティについても、きちんとした取引所提供のためさらなる対策を考えております。

求人募集:CAbitcoinで働いてみませんか?

サイバーエージェント初の仮想通貨取引所で働いてみませんか?

CAビットコインCX室の立ち上げにあたり、学生インターンを募集しています。

ぜひご興味のある方はこちらをクリックしてみてください。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧