CoinPostで今最も読まれています

サイバーエージェントビットコイン(CA bitcoin)に独占インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Q. 仮想通貨の取引所を立ち上げるまでの経緯を教えてください。
A. ブロックチェーンという技術が今後のインターネット全体に普及する時代がくる可能性があると考えており、「エンタメ金融」でも大きな変革が起きるかもしれません。そんな将来に向け、まず取引所やウォレットが整備される必要があると考え、設立に至りました。
Q. 様々な取引所が存在する中、CAbitcoinの優位性は何ですか?
A. 現在の仮想通貨取引所はITリテラシーの高いマイノリティ向けに設計されていますが、CAbitcoinはマジョリティ向けに最適なUI/UX設計のノウハウがある点です。
Q. 取引所のセキュリティー対策はどのようにお考えですか。
A. bitbankと提携し、不正対策を行っていきます。また、他の事業で培ってきたセキュリティ監査技術も加え、 CAグループ主体で対策を進めます。

サイバーエージェントビットコイン(以下CAbitcoin)は、サイバーエージェント(以下CA)が立ち上げた仮想通貨取引事業子会社で、2018年春の運営開始に向けて仮想通貨交換業者への登録を進めています。

CAグループは、メディア事業として、アメーバブログAbemaTVなど、時代の変化に応じたソーシャルメディアサービスを提供しています。

また、ゲーム事業としては、グランブルーファンタジーのCygamesをはじめ、ゲーム制作子会社が人気コンテンツを提供しています。

CAグループが目指す「エンタメ金融」の発展に向けて、CAbitcoinは重要な役割を果たすでしょう。

今回は、CAbitcoin代表取締役の卜部宏樹氏へのインタビューを掲載いたします。

長時間のインタビューにご協力頂いた卜部宏樹氏に御礼申し上げます。

インタビュー内容一覧

Q. CAbitcoinを立ち上げるまでの経緯を教えてください。

もともとCAグループ内で仮想通貨事業への関心が集まっており、取引所事業に限定せず仮想通貨に関連したさまざまな事業アイディアが漠然とありました。

金融庁が正式に仮想通貨交換業者の登録を開始し、仮想通貨取引が社会に根ざしていく可能性が高まりました。

そこで、仮想通貨事業への参入の一歩として、まずは仮想通貨の取引所やウォレットといった基盤をしっかり作っていくことが先決であると考え、CAbitcoinの設立へと至った次第です。

Q. CAグループではいつ頃から仮想通貨事業への参入を考えていましたか。

CAグループは常に新規事業の模索を続けているため、以前から仮想通貨事業に興味を示す社員は何名かいました。

役員会で参入するのが正式に決定したのは、CAbitcoinが設立した2017年10月2日の1ヶ月ほど前だと思います。

Q. 今現在、どの程度までサービス提供への準備が進んでいるのでしょうか。

今春に向けてサービスのリリースを開始する予定で、その準備は順調に進んでいます。

金融庁への登録も並行して進めています。

Q. CAbitcoinのメンバーは何人くらいで構成されていますか。

CAbitcoin専属で取り組んでいる社員が10人ほどです。

金融庁への対応も含め、本社の経営本部からのバックアップもあるため、それも含めると2,30名ほどで事業を進めています。

Q. 様々な取引所運営会社がある中、CAbitcoinではどんな点を差別化して取引所を立ち上げるのでしょうか。

UI/UX(WEBサイト、アプリがユーザー使用のために最適化される使いやすさ)の特化が一つ優位点として挙げられます。

CAグループでは従来AbemaTVなどの他事業でUI/UXの高い評価を受けており、社内にそのノウハウが蓄積されています。

今の仮想通貨取引のボリューム層はいわゆるITリテラシーが高い人であると思っていて、取引所はある意味そういった方向けに作られている印象を受けています。

一方、マジョリティ向けの最適なUI/UX設計はCAグループの得意分野であると所だと考えています。

Q. 金融庁への登録に向けて注力している点は。

金融庁は認可に際してユーザー保護の観点を重要視されているので、やはりプライバシーには細心の注意を払っています。

Q. CAグループは他にも多種多様な事業展開を手がけていますが、CAbitcoinは他事業と比較してどのような位置づけで事業を進めていくのでしょうか。

CAbitcoinのUI/UX設計チームには、社内でもトップのエンジニア、クリエイターを集めています。

ブロックチェーンという技術が今後のインターネット全体に普及する時代がくる可能性があると当社では考えており、ゲーム、メディア、広告事業など他の分野でも大きな変革が起きるかもしれません。

そんな将来に向け、仮想通貨やブロックチェーン技術のプラットフォームとして取引所やウォレットが整備されていることが、CAグループ全体にとっても大きなプラスになると思っています。

Q. CAbitcoinの企業理念はありますか。

新規事業で設立からまだ半年も経過していないため、まだ正式に決めているものはありません。

ただ、仮想通貨そのものを一般の人たちに普及させていくのが我々の信念であると考えています。

Q. CAグループの他事業との提携についてはアイディアはありますか。

まずはユーザーフレンドリーで安全な取引所を作ることが先決です。

一部、ゲーム事業やAbemaTVとの連携についても模索していますが、まだアイディア出しの段階です。

社内では、CAbitcoin主導でグループ内に向けたブロックチェーンの勉強会などを開いたりもしています。

CAグループは全体で約5000人の社員が在籍していますが、勉強会で300人ほど集まることもあります。

エンジニア限定の勉強会だけでも100人集まるほどです。

CAグループは基本的に新しいことが好きな人が多いので、今は仮想通貨、ブロックチェーン技術について知識の底上げを図っている段階です。

これらの分野に対して社内全体の理解が増えると、各部署からアイディアが浮かんでくるだろうと考えております。

そこでCAbitcoinによる取引所があることで、そこを基盤としてさらなる事業展開に繋がるという掛け算を期待しています。

ゲーム、メディアがあり、そこに仮想通貨が絡んでくることでエンターテイメントを基盤としたCAグループ全体のエコシステムを大きくしていくことが最終的な狙いです。

Q. 取引所で一番問題なのはセキュリティ面だと思いますが、その対策はどのようにお考えですか。

ユーザー保護のため、セキュリティ面にはかなり力を入れて開発を進めております。

取引所の開設にはbitbankが提供するホワイトラベルを利用するため、bitbankと連携してしっかりとした不正対策を行っていく考えです。

また、CAグループには様々なコンテンツを運営してきたノウハウがあるので、他の事業で培ってきたセキュリティ監査技術も加え、グループ主体で対策を進めます。

Q. bitbankとの関係は。

まさに二人三脚で開発を進めております。

CA側はUI/UX設計を徹底しています。

HFの対応など、仮想通貨取引そのものについてはbitbankの得意分野のため、開発にはしっかりと住み分けを行っています。

Q. 通貨マイニング業界への進出は考えていますか。

あまり考えておりません。

会社としてはあまり得意分野ではないかなと思います。

Q. 今までCAグループではFX事業への経験があると思いますが、仮想通貨取引との関連はありますか?

本人確認やカスタマーサポートなどでは応用できるノウハウがあると思います。

しかし、当社のスタンスとして、仮想通貨を投資商品としては考えておらず、エンターテインメントの中で互換性のある便利なツールとして普及することを望んでいます。

仮想通貨を「エンタメ金融」として捉えている点では、FXや株式投資とは全くの別物として扱う考えです。

Q. 今後の展望についてどうお考えでしょうか。

直近のことばかりですが、まずは使いやすいUI/UXで安心安全に使えるものをリリースすることに全神経を注いでおります。

カスタマーサポートやセキュリティについても、きちんとした取引所提供のためさらなる対策を考えております。

求人募集:CAbitcoinで働いてみませんか?

サイバーエージェント初の仮想通貨取引所で働いてみませんか?

CAビットコインCX室の立ち上げにあたり、学生インターンを募集しています。

ぜひご興味のある方はこちらをクリックしてみてください。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
07:18
仮想通貨融資企業BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化懸念や中国での抗議活動など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧