仮想通貨ビットコイン、200MA越えの平均利益率は197%=トム・リー

トム・リー氏が相場を予測

米投資企業Fundstratのトム・リーが、仮想通貨ビットコイン(BTC)投資の今後6カ月間の利益率は197%まで拡大する可能性があるとの見解を過去の統計データを用いて指摘した。Yahoo Financeのインタビューで明かした。

今回のインタビューで、Fundstrat社は、2020年はBTCを初め仮想通貨に対して楽観的な見方をしていると説明。BTCに対して強気な姿勢を見せる根拠としては、5月に予定される半減期、コロナウイルスや地政学リスクによる利用促進を挙げた。昨年トランプ大統領が仮想通貨を批判したが、今年は大統領選があるので、それも追い風になるとみているという。

関連米トランプ大統領、ビットコインとリブラを痛烈批判

また今回のインタビューでは、「充分な期間が経過し、現在は良いプロジェクトしか生き残っていないはずだ。真の発展を見せ、根本的な価値を持つ資産には多くの関心が寄せられる。だから今、仮想通貨に注目すべき時だと思っている」と語った。BTCが197%まで拡大する根拠としては、200日移動平均線(MA)を超えた時の平均利益率である197%が根拠だとした。

BTCの価格が200MAの重要性には話題として度々触れるトムリーは、改めて長期的な傾向を表す指標を超えたことを評価し、強気相場に突入したと説明。また米株式市場(ナスダック)やゴールドなどと比較し、BTCは2020年最もリターンの高い金融商品だと述べている。

関連ビットコイン高騰を受け、海外著名アナリストが指標分析

CoinPostの関連記事

ビットコインでゴールデンクロス達成 仮想通貨バブルを彷彿とさせる強気パターンか
年初来高値を更新し続けるビットコイン(BTC)は6日、価格が再上昇。アルトコイン市場でもアルトドレイン現象が発生しない形で全面高を記録し、2017年を彷彿とさせる強気市場のパターンが意識されつつある。
エクスペディアでビットコイン10%還元 仮想通貨予約サイトが提携
仮想通貨決済の予約サイト「TravelbyBit」は大手Expediaと連携し、60万以上のホテル予約へアクセスができるようになった。 TravelbyBitはバイナンスの出資企業の1つだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら