ガイアックス、仮想通貨リブラ利用のフリマアプリのデモサイト「FLIBRA」公開

ガイアックス+リブラ

日本のソーシャルアプリ専門企業の「ガイアックス」は先日、仮想通貨リブラを支払い手段としたマーケットプレイスアプリケーションのプロトタイプ「FLIBRA(フリブラ)」を開発、オープンソースソフトウェアとして公開しデモサイトをオープンした。

このデモ用プロトタイプは、利用者間で物の出品、購入ができるマーケットプレイスアプリケーションだ。実際試してみたところ、デモサイトでウォレットを作成すると、100リブラが付与される。テストネットから発行されたダミーのリブラトークンを使用し、その決済を体験することができるという。

出典:flibra.gaiax-blockchain

また、プレスリリースによると、FLIBRAは、「物品の出品、購入申し込み、リブラを使ったエスクロー決済、レビュー機能」を実装している。

このマーケットプレースはアマゾンというよりも、メルカリやイーベイのようなフリマ系に該当する。「今回開発したFLIBRAは、メルカリに代表されるフリマ形式のマーケットプレイスのアプリケーションのプロトタイプだ。シェアリングエコノミーにおける基本的なサービス形態を実現したことで、リブラによる決済をわかりやすい形で実際に体験することを可能にした」と、ガイアックスが説明している。

リブラに関しては、リブラ協会のメンバー企業が昨年発表されて以外、複数者が脱退したものの、リブラというプロジェクト本体としては新たなロードマップを公開され、テストネットも順調に進められている状況だ。

参考:ガイアックス

CoinPostの注目記事

ブロックチェーン業界団体BCCC、日本版「仮想通貨リブラ」を発表
一般社団法人 ブロックチェーン推進協会(BCCC)は22日、新たに「ステーブルコイン部会」を設立。フェイスブックのリブラ構想を意識した通貨のバスケット型ステーブルコイン「ZENX」の発行を発表した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します