仮想通貨ビットコイン強気派のPomp、30万人フォロワーのツイッター口座が凍結

Pompのツイッター口座が凍結

「ビットコインをロング、バンカーをショート」のキャッチフレーズを持つビットコイン強気派のPomp(アンソニー・ ポンプリアーノ)は、30万人以上にフォローされるツイッターアカウントを凍結された。複数の仮想通貨インフルエンサーが指摘している。

Pompは米仮想通貨ファンド「モーガン・クリーク・デジタル」の責任者で、常にビットコインに対して強気な発言を行なっていた。つい数日前にも、「ビットコインは10万ドルに向かって進んでいる」といった展望などで一貫した強気な姿勢を見せた。

ツイッター側がなぜPompの口座を凍結したのかは明白ではないが、これまで複数の仮想通貨インフルエンサーにも同様な事例が見られた。

続報:

Pomp@APompliano のツイッター口座が凍結解除されたことが確認された。

CoinPostの注目記事

モルガンクリーク創業者、「2021年末に仮想通貨BTC10万ドル」の強気予想を変えず
米モーガン・クリーク・デジタルの創業者アンソニー・ ポンプリアーノ氏が、一貫してビットコインの将来価格に強気な予想を示していることがわかった。その理由とは?
米CNBC経済番組がビットコインに再注目 仮想通貨高騰受け放送内容で採用
仮想通貨上昇トレンドを受け、米CNBCの経済番組も再びビットコインの相場を放送内容といて取り上げた。有識者5名が仮想通貨市場の上昇要因を語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します