仮想通貨ビットコイン、高級車ランボルギーニとの相関性

BTC価格とランボルギーニの関係

仮想通貨ビットコイン(BTC)の価格と高級車ランボルギーニの関係が話題になっている。

仮想通貨の取引ツールを提供するChartStartによると、BTCの価格と、ネット掲示板Redditの「ランボルギーニ」に関する投稿数に相関性があるという。2018年には、BTC投資で大きな利益を得た投資家が、(ブル相場の雄牛にちなんで)ステータスシンボルとしてランボルギーニを購入することが話題になったこともある。

実際はフルネームの「Lamborghini」では有力な結果は得られず、若者が使う略語「Lambo」で調査。さらにそれでも大きな結果が見られなかったため、話題ごとの「subreddit」で、ビットコイン(r/bitcoin)や仮想通貨(r/cryptocurrencies)などにテーマを絞った。それで得られた結果が上記のグラフだ。

ポイントを絞った調査ではあるが、BTCの価格が上昇した後にLamboの投稿が増えるなど、グラフでは同じような動きも確認できる。

また以下のグラフは、同じ方法で今年の相関性を調べたものだ。グラフの下の「2020-01」というのは今年1月ではなく、「2020年の1週目」を表している。投稿数は、特に5週から6週にかけて大きく上昇した。

出典:ChartStart

BTCの価格との相関性が報じられるのは、今回のランボルギーニに限らない。以前はアボカドの価格との相関性が報じられたこともあるという。

ツイッターでの反応

一方ツイッターでは、2月の初めにBTCに関する投稿が増え、過去およそ2年間で最も高い投稿数を記録。3日には一日で7万5000ものツイートを超えた。以下はBitinfochartsが提供するデータである。

出典:Bitinfocharts

その後ツイート数は大幅に減少したが、この数カ月と比較すれば、高めの水準を維持している。

CoinPostの注目記事

仮想通貨ビットコイン先物の取組高、高値更新の13日に5500億円超へ
ビットコイン(BTC)の先物契約の未決済建玉(OI)が、13日に50億ドル(約5500億円)を超えた。取引所別ではBitMEXが16億ドル(約1750億円)で最も多く、全体の31%を占めている。
激しく攻防するビットコイン(BTC)、Ripple社上場思惑などXRP上昇要因に3つの材料|仮想通貨市場
仮想通貨市場ではBitMEXの無期限先物「XRP/USD」でフラッシュクラッシュが発生するも、リップル現物は抵抗帯を上放れ堅調に推移、直近材料が後押しした。一方、ビットコイン(BTC)は近年稀に見る乱高下を見せる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用