仮想通貨カストディBitGo、セキュリティトークン・プラットフォーム「Harbor」買収

BitGoがデジタルトークン企業を買収

仮想通貨(暗号資産)カストディを提供するBitGoがデジタル証券市場に参入することが分かった。また、同社はセキュリティトークン・プラットフォームHarborの買収も行なっている。

Harborは、不動産や株式、アート作品など、従来流動性が低い資産をブロックチェーン技術を利用しトークン化することで、そうした資産の流動性や私募証券の活性化に取り組んでいた。

今回のBitGoによる買収にはHarborの子会社も含まれているが、それら子会社はFINRAやSECが監督するトランスファー・エージェントにより規制されている。BitGoのCEOであるMike Belshe氏によれば、今回の一手により仮想通貨業界では初となる、デジタルトークン分野のサービスを包括的に提供する企業になるとしている。

具体的には、BitGo一社でブローカー・ディーラー、トランスファーエージェント、適格カストディアンライセンスを保有することになる。Belshe氏曰く、FINRAとSECがBitGoによるブローカー・ディーラーやトランスファーエージェントの業務を許可する必要があるとのことだが、そのプロセスは現在すでに進行中とのことだ。

事業拡大するBitGo

現在、20億ドル(約2200億円)以上の顧客資産を預かるBitGoだが、最近では欧州での事業拡大を図っている。

同社はスイスとドイツに支部を設立し、スイス支部の「BitGo GmbH」はスイス連邦金融市場監督機構(FINMA)の規制に準拠している。CEOのBelshe氏は「欧州で需要の高まりを感じる」と言及していた。

積極的な事業展開を行うBitGoだが、今回Harborを買収したことにより、さらなる拡大に向け次の一手を打った格好だ。

CoinPostの関連記事

米大手仮想通貨カストディアンBitGo、スイスとドイツに事業拡大へ
米大手仮想通貨カストディ企業BitGoが、スイスとドイツに新たな部門を設立。欧州で高まる需要に応えるため、デジタル資産の中心国に拠点を構える。
カストディ口座からの仮想通貨を直接取引 BitGoが提供開始
大手仮想通貨カストディ企業BitGoが、カストディアカウントから資産保全を担保しながら仮想通貨取引を可能に。「機関投資家が仮想通貨を安全に取引する能力を構築する上で、重要なマイルストーン」とCEOは語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら