「安全・簡単・儲かる」に要注意、ベルギー当局が仮想通貨詐欺ブラックリストを更新

仮想通貨関連の詐欺を注意喚起

ベルギーの金融サービス・マーケット機関(FSMA)は詐欺の疑いがある仮想通貨(暗号資産)関連のウェブサイトを新たにブラックリストに追加した。

FSMAはベルギーの消費者から寄せられた仮想通貨関連の相談をもとに、詐欺と疑わしいサイトをリストにすることで公表している。今回のアップデートで、リストに載せられたサイト数は141となった。

また、あくまでも消費者からの報告に基づくものであるため、詐欺目的のサイトを網羅したものではない。

FSMAは詐欺を見分ける法則について、詐欺サイトは「安全・簡単・儲かる」を売り文句にしていることが多いとした。

特に、サイトを訪れた人に対し、仮想通貨についての詳しい知識を必要としないことや、専門家が顧客の資産を運用することを主張するサイトには注意を呼び掛けている。

リストはあくまでベルギーの住民向けであり、日本に住んでいてFSMAのリストに載っているサイトに巡り合うことは考えにくいが、詐欺の手口は世界共通であり、FSMAの注意喚起の内容は日本でも通用するものとなっている。

以下のサイトは金融庁らが公開した仮想通貨関連のトラブルを注意喚起するページで、トラブルに合った際の相談先を確認することができる。

金融庁:暗号資産(仮想通貨)に関するトラブルにご注意ください!

参考:FSMA「詐欺の疑いがあるサイトリスト」

CoinPostの注目記事

リップル社、仮想通貨XRP関連の不正・詐欺行為に新たな対応
リップル社(Ripple)は利用者が仮想通貨(暗号資産)XRPやXRPレジャーに関連する詐欺など、不正行為を報告できる報告フォームを新たに導入。米国連邦や州の法執行機関にも提供するなど対策を行う。
速報 4500万ドル相当の仮想通貨が携帯から流出 大口投資家、ビットコイン、ビットコインキャッシュで被害
中国人クジラは3000万ドルに相当する仮想通貨(暗号資産)ビットコインキャッシュと1500万ドルのビットコインが「SIMハッキング」の被害で流出したと報告。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら