コロナウイルス対策の支援者に仮想通貨テゾスを配布 XTZ開発者が立案

コロナウイルス対策を支援

テゾスの開発者が、新型コロナウイルス感染症対策の支援者に、テゾス(XTZ)を配布する計画を明らかにした。

仮想通貨(暗号資産)コミュニティでもコロナウイルスに対する不安が高まっていることを背景に、XTZの開発者が計画を発表。ゲームやマイニングなどに使うパソコンのリソースを提供することで、貢献度に応じてXTZが受け取れる仕組みを作るという

具体的には、病気のリサーチを行っている「Folding@home(F@h)」というプロジェクトに協力する。このプロジェクトでは、仮想通貨のマイニングにと同様に、莫大なコンピューターの計算が必要となっており、ホームページ上でも協力を呼びかけている。タンパク質に関する計算が、コロナウイルスを含む数多くの病気の治療に役立つという

一方でXTZの寄付もできるように専用のアドレスを作成。そこに溜まったXTZをF@hに協力した人に付与する。3月30日の時点で貢献度に応じて獲得者を選び、XTZが送金される。協力者の数や寄付の額によるが、トップ3〜トップ5ぐらいまでの貢献者がXTZを受け取れる予定だ。

中国から拡大したコロナウイルスは仮想通貨業界にも大きな影響を与えている。中国のマイニング企業では、機器の製造や出荷に遅延が発生した。またデジタル人民元の研究にも遅れが出ていることも報じられている。

関連新型コロナウイルスの影響か、中国の中央銀行デジタル通貨研究に遅延

今回の計画のような支援の面では、大手仮想通貨取引所バイナンスが早々に活動を開始。寄付だけでなく、マスクの購入・配布も行った。

関連仮想通貨取引所バイナンス、「新型コロナウイルス」寄付など支援表明

参考資料 : Medium

CoinPostの関連記事

バイナンス先物、仮想通貨テゾス(XTZ)取り扱い予定
世界最大手仮想通貨取引所バイナンスは6日より、仮想通貨テゾス(XTZ)の先物取引を開始。 レバレッジは最大で50倍提供する。
中国で仮想通貨採掘業務の強制停止事例 コロナウイルスの影響で警察主導
中国で、仮想通貨マイニング業務の強制停止事例が報告された。大手中国ビットコイン採掘業者BTC.topのCEOが報告。コロナウイルスの拡大を理由に、警察主導で強制的にシャットダウンされたという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用