CoinPostで今最も読まれています

米下院議員、「2020年仮想通貨法」の改訂草案を米議会に提出

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨規制の前進となるか

昨年12月に米連邦議会に提出された「2020年仮想通貨法」の討議草案が改訂され、3月9日に再度提出された。 未だ包括的な仮想通貨規制が確立していないアメリカで、枠組み作りの第一歩となるか注目される。

共和党のポール・ゴサール(Paul Gosar)下院議員が提出したこの法案は、仮想通貨(デジタル資産)を特徴ごとに分類し、管轄する規制当局を明確に定めようというもの。 仮想通貨を三つのカテゴリーに分けて定義し、それぞれを担当する規制当局を特定する。

仮想通貨の三つのカテゴリーと担当規制当局

法案では仮想通貨を、「暗号コモディティ」「暗号通貨」「暗号証券」の三つに分類し、それぞれ、商品先物取引委員会(CFTC)、財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)、そして証券取引員会(SEC)を管轄当局と定めている。

法案による分類された仮想通貨の定義は次の通り:

1.暗号コモデティ(Crypto-Comodity) : CFTC管轄

デリバティブを含む、分散暗号台帳やブロックチェーン上の経済的な商品やサービスで、実質的または完全な代替性をもつ。 市場はこの商品・サービスの提供者を意識することはない。

2. 暗号通貨(crypto-currency):FinCEN管轄

分散暗号台帳やブロックチェーン上の米国通貨、もしくは合成デリバティブで、銀行口座の担保に裏付けられたステーブルコインや、オラクル・スマートコントラクトによって定義された合成デリバティブ。 暗号コモデティやその他の暗号通貨もしくは暗号証券を担保として保証される。

3. 暗号証券(crypto-security):SEC管轄

分散暗号台帳やブロックチェーン上にある株式や負債が該当するが、一部の合成デリバティブなどの例外も定められている。

法案が定義する暗号通貨

上記の定義にあるように、この法案では「暗号通貨」とは、テザー(USDT)やUSDコイン(USDC)などのようなステーブルコインを指しているようだ。一方、ビットコインは「商品・サービスの提供者を意識しない」代替性を持つと定義された、暗号コモデティに該当するように思われる。

「主要な」規制当局と取引所登録の義務付け

改訂草案では、CFTCとFinCEN、SECをそれぞれ三つのカテゴリーを管轄する「主要な」規制当局として特定している。 つまり「主要な」という表現によって、規制の権限を持つ機関の区分を一つに限定することを避け、柔軟性を持たせた形になった。 

さらに、仮想通貨取引所は、それぞれが扱う仮想通貨のカテゴリーに従って、該当する規制当局に登録することが求められる。 登録した取引所リストは公開される。 一方、規制当局には、該当する仮想通貨を作成、または取引するために必要なライセンス、認定、または登録に関するリストを公開し、更新しておくことが課せられる。

法律アナリストからは厳しい批判

12月に提案された最初の討議草案は、各規制当局の実際の権限と法的根拠などの理解が足りないとの厳しい批判に晒された。 中でもFinCENは通貨自体を規制しているのではなく、それを取り扱う金融機関等を規制しているため、FinCENが通貨を規制するためには既存の法律の大掛かりな修正が必要になると指摘された。

昨年4月に提案された「トークン分類法」も、仮想通貨規制の枠組みを明確化しようとする試みだが、米仮想通貨業界関係者は、この法案の審議が「失速したと感じている」と述べている。

余談になるが、2020年仮想通貨法を提案したゴサール議員は、2月下旬の共和党保守派の会合でコロナウィルス感染者との接触したとして、自主隔離を表明している。

 
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧