仮想通貨市場の乱高下にクジラの影 大口イーサリアム投資家の最新動向=Santiment

イーサリアムの大口動向

仮想通貨(暗号資産)イーサリアム(ETH)で、大口投資家が購入と売却を一定周期で繰り返していることがわかった。データ分析サイトSantimentの調査員が指摘した。

出典:Santiment

Santimentの報告によると、今回価格が乱高下したタイミングでも大口投資家の保有量に大きな増減が確認された。

最新のデータでは、ビットコイン(BTC)の急落に伴い、ETHも連れ安した2月中旬以降でトップ100の大口保有率が増加。一方、価格が上昇した後、5日間に渡ってクジラらは計40万ETHを売却し利益を得たという。

調査員は取引所のアドレスを分析、DeFiプロジェクトへの入金数を除き、純粋な売却量を算出。大口投資家が相場の乱高下にも影響している可能性を指摘した。例にあがった内容では、大口投資家の1アドレスで、約170ドルの時にETHを大量購入し、47日後の暴落タイミング(7日)に大手取引所に送金し売却。計96万ドルの利益をあげたという。

イーサリアムもビットコインや多くの仮想通貨と同様に、7日〜8日に約19%の下落幅を記録した。Santimentは、「クジラが現物売りで相場を傾けていたかどうかは明確ではないが、下落する直前や下落直後に取引所への送金が頻繁に行われたことは明らかだ」とコメントした。

イーサリアム投信のプレミアム

仮想通貨市場は2月中旬から軟調な推移を継続しているが、米グレースケールのイーサリアム投資信託商品「イーサリアムトラスト」が4倍を超えるプレミアムで取引されていることが新たにわかった。

出典:Bloomberg

「イーサリアムトラスト」は、グレイスケールが提供しているビットコイン投信GBTCなどと合わせて、機関投資家や適格投資家を中心に取引されていた仮想通貨投資信託商品で、現在では米FINRAから認可を受け、一般投資家への公開と取引も開始されている。

グレースケールが現物のETH保有するする投資信託商品であることから、直接的な購入、保管と管理を行わずに通貨の価格変動に伴う恩恵を受けられる点で人気を博している。

チャートによると、原資産であるイーサリアムの1シェア19.01ドル(3/10日水準)に対し、イーサリアムトラストは97ドルに達した。GBTCのプレミアムが20.89%に留まることを考えると、大きくプレミアムが発生していることがわかる。

イーサリアムトラストのプレミアムが拡大したのは、今に始まった事ではないが、最も拡大したETHが年初来高値を更新した当時の「約3倍」をも上回るまで、その差は拡大している。

参考:Santiment

CoinPostの注目記事

世界経済危機とビットコイン 「仮想通貨の逆転劇はこれから」=ヘッジファンド幹部
「仮想通貨が逆転する可能性はまだ十分にある」 ビットコインおよび全体仮想通貨(暗号資産)が下落に転じた中で、ヘッジファンドからから新たな見解が見られた。
仮想通貨イーサリアムが大台3万円に到達 ETH投資信託で290%のプレミアム発生
イーサリアムが日本円建て3万円に到達した。1ETH=3万円の値をつけたのは2019年7月以来初。年初からも115%高と100%水準を上回った。NEMとLiskの最新情報も。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用