中国:仮想通貨急落で「ビットコイン」がトレンド入り 半年ぶりに関心拡大か

中国ウェイブのトレンド「比特币(BTC)」

価格の乱高下が続く仮想通貨・ビットコイン市場に再び中国からの注目が集まっているようだ。中国版ツイッター(weibo)のトレンド推移で、ビットコインが検索順位で「ホットサーチ」にリスト入りした。データメディアlonghashが伝えた。

中国名=「比特币(BTC)」として10日のweiboトレンドに登場したことが確認された。前回weiboトレンドに入ったのは、2019年7月2日で約半年ぶりのランクイン。当時1.2万ドル以上の高値から9700ドルに割り込み15%以上下落した直後であったため、下落時に関心が急上昇する傾向は一致している。

トレンド入りした際のハッシュタグでは、「ビットコイン 1万ドル 割り込んだ」などの内容があがった。この類のワードは上位50のうち、計16ものランキングを占めていたという。

また、中国のグーグルといわれる大手検索エンジンのBaiduでも、今回の暴落に際し、ビットコインの検索数が急上昇した。

コインポストが取材した中国人投資家によると、未だ中国人は現物ビットコインを保有している傾向にあり、自己資産の減少に敏感に反応していると指摘。古くから中国で巨大需要がある金と同様に、国外資産を持つことへの意識は高いとコメントした。

出典:longhash

中国では、2018年より仮想通貨の取引活動は全面的に禁止されているが、AlipayやWechatPayを介したOTC取引で水面下の取引が行われている。アルトコインについても、OTCで購入したテザーやビットコインを海外取引所に送金し、海外にサーバーを置く大手中華系取引所を利用して、活発に取引を行なっている。

参考:longhash

CoinPostの注目記事

中国で禁止される仮想通貨取引の行く先は 中国共産党高官が見解
中国共産党の高官Chen Weigangは、中国で禁止している仮想通貨(暗号資産)の資金調達や投機について最新の見解を語った。中国の政府関係者が仮想通貨について語るのは、稀有な事例だ。
中国仮想通貨マイナーが語る「ビットコインの相場観」 2020年の半減期と相場の注目点
世界No.2のビットコインマイニングプールBTC.TopのCEO 江卓尔。ビットコインの半減期と価格の推移について最新の独自見解を明らかにした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します