ダウが08年以来の弱気相場入り 相関高まるビットコイン、目線が変わる価格帯は?|仮想通貨市況

8600割れのBTC、これからのサポートライン

仮想通貨(暗号資産)ビットコインは12日深夜、一時7600ドルを下回り3月の安値を更新した。(Coinbase)

米国株式市場が再び大幅反落したことを受け、ビットコイン市場でも売りが先行した。ダウ平均は、2月12日に付けた最高値からの下落率が20%を超え、2008年の金融危機以来初めてベア相場入りした。(終値での直近高値から20%下落したケース)

新型肺炎の世界的なアウトブレイク(WTOのパンデミック宣言)に伴う経済への打撃が露呈するに従って、投資家心理が悪化。株や為替市場がパニックとなり、リスク回避姿勢を強めたことで、ビットコイン市場にも波及した。

直近では、為替市場やダウ先物にも影響を及ぼす「指数売り」との相関が強まっているビットコイン市場。相関については、先ほどのBTCチャートに株価推移を落とし込むと一目瞭然だ。

ビットコイン市場で軟調な値動きが続く中、著名アナリストJacob Canfieldは「冷静になろう」と呼びかけている。Canfieldは2月末にBTCが8500ドルまで大幅下落した際、相場格言でもある「落ちるナイフを掴むな」と注意喚起を行なっていた。(落ちるナイフを掴むな:魅力的な銘柄でも(ナイフが床に落ちてから)、底を打ったのを確認してから投資すべきという格言)

関連「落ちるナイフは掴むな」ビットコイン急落局面で、仮想通貨アナリスト

今回もCanfieldは、乱高下する相場に囚われずに、主要サポートラインを見極めて買いと売りに入ることを推奨した。

注目しているポイントは主に2つ。

1つ目が週足100日平均線ラインに関連した「7200〜7500ドル(75.3万円〜78.4万円)」をマイナーサポートラインに。2つ目が、週足200日平均線に関連した「5000〜5500ドル(52.3〜57.5万円)」をメジャーサポートラインに見ているという。

サポートラインにおけるメジャーとマイナーについて:メジャーは、トレンドの停滞または反転の可能性が相当高いと見込まれるもの。一方でマイナーは、大きなトレンドの中にあり、一時的な停滞や斑点を見せつつも、決定的な力はないと見込まれるもの。マイナーのラインについては、突破の後にサポートとレジスタンスの役割が変わるということが往々にして起こりえる。

一方、著名経済学者のAlex Krugerは、世界経済の危うい現状を踏まえ、ビットコインの短期的相場感のシナリオを指摘。「7700ドル(80.5万円)を下回っていたら、ビットコインは2020年の上昇トレンドは終了する」と語り、その次のサポートラインを、「7200〜7400ドル(75.3〜77.4万円)」、「6400〜6800ドル(66.9〜71.1万円)」と分析。

また、その一方で8500ドル(88.9万円)に戻れば、上昇トレンドが継続する可能性は高まると説明。しかし、「現時点では、テクニカル分析よりも、今はマクロ要素がより重要になっている」と指摘している。

CoinPostの注目記事

株の歴史的急落と相関強まる仮想通貨ビットコイン市場、意識されるマイナー損益分岐は
直近では、株や為替の影響や指数売りとの相関が強まっている仮想通貨ビットコイン市場。半減期を前にしたBTC価格の急落で、BTCマイナーの損益分岐点についても再び関心が集まっている。
世界経済危機とビットコイン 「仮想通貨の逆転劇はこれから」=ヘッジファンド幹部
「仮想通貨が逆転する可能性はまだ十分にある」 ビットコインおよび全体仮想通貨(暗号資産)が下落に転じた中で、ヘッジファンドからから新たな見解が見られた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら