BitMEX CEOの仮想通貨価格予想が的中 ビットコイン復活のキッカケも指摘

アーサーCEOが予想するBTC底値

大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのアーサーCEOは、12日夕方の相場全体暴落の直前(当時8000ドルで取引)に、ビットコインの下落が続くとする価格予想を行なったことがわかった。アーサーの価格予想はおよそ一年振りだ。

BitMEXのニュースレターで、アーサーはビットコインについて自身の予測を述べている。

今世界的相場が下落しているのは、株や先物などの傾きで、トレーダーが追証に追われているからだ。まさに、『世界のマージンコール』と言える。

一方、ビットコインが再び3000ドル台に戻るは思わないが、市場にとって最大級の苦痛は『6000ドル〜7000ドル』の間かもしれない。

ニュースレターが送られたタイミングは、ビットコイン8000ドル台。一方、予想された7000ドルと6000ドルの防衛ラインは下回っている。12日に急落したビットコインは、約30分で2000ドル幅を超える歴史的な暴落相場に。13日8時半時点では、前日の最安値を更に下回る格好で、5000ドルも割り込んだ。

一方で、ビットコインの価格には、希望が残っているとアーサーは語る。

ダウ平均の続落やSPXベア相場など、世界経済がパニックに陥る中で、アーサーは20年年内には2万ドルにも盛り返せる可能性を指摘し、理由を語った。

むしろ中央銀行のお金印刷機が狂っているため、BTCは年末にかけて1万ドル〜2万ドルに戻ると読んでいる。

それぞれの中央銀行が金利をゼロにして終わりのない金融緩和(QE)を続々と発表していくに違いない。すぐには起こらないが、2008年〜2009年に渡り世界の中央銀行がお金をばらまくことで、ゴールドのような安全資産は上昇していた。

最新の状況では、欧州中央銀行(ECB)は日本時間12日の夜、政策理事会で追加の金融緩和策を発表。国債などを買い入れて市場にお金を流す量的緩和の枠を、今年末まで1200億ユーロ分追加で確保した。一方、投資家が注目した政策金利の変更は見送ったという。

また、米FRBの最重要タスク=金融調節を担うニューヨーク連銀(NYFed)は、1兆5000億ドル規模の追加レポオペを実施する声明を行なった。短期債に限っていた国債購入についても、買い入れの対象を拡大する方針を示した。

様々な地域、国における「コロナショック」が誘発した世界的金融危機を直面する各国政府・中銀は今後もさらなる金融刺激措置に動き出すと見込まれている。

世界金融市場およびマクロ経済の今後の回復が、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場の鍵になるか、注目したい。

参考:bitmex

13日の最新のマーケット解説記事はこちら

仮想通貨ビットコイン一時前日比40%安、さらなる暴落も急反騰でセリクラなるか
コロナショックによる株式市場の歴史的暴落に伴い、仮想通貨ビットコインは一時3000ドル台に突入。200週移動平均線など重要ラインを一気に割り込んだものの、その後大幅反発した。

CoinPostの注目記事

ビットコイン大暴落でアルト銘柄でもフラッシュクラッシュ発生 仮想通貨Chainlinkが一時https://coinpost.jp/?p=138661&from=in_article00.0001に
仮想通貨ビットコインが一時5000ドル台まで大暴落したことを受け、アルトコイン市場でも売りが大きく先行した。ビットコインで前日比28%安。アルト銘柄も軒並み30%安を超える全面安相場の様相だ。
【速報】仮想通貨ビットコイン大暴落、68,000BTCの大規模ロスカット
12日19時半頃、仮想通貨ビットコインが一時5000台まで大暴落。フラッシュクラッシュが発生した。BitMEXでは、68,224BTCのロスカットが発生。金額にして545億円相当に上る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用