Bitfinexのクジラ、仮想通貨ビットコイン相場反転の要素を指摘

Joe007の相場観

仮想通貨(暗号資産)取引所Bitfinexのリーダーボードにランクインする著名ビットコインクジラの「Joe007」は連日の暴落の中、今後ビットコインが反転できる要素について、自身の見解を披露。

*現時点でJoe007は、約1100万ドルの含み損を抱えている。12月〜1月に渡り、およそ2000万ドルの実現益をあげた事例もある。

出典:Bitfinex

12日の夕方、当時7200ドル台だったBTCはフラッシュクラッシュが発生し、一時5000台まで大暴落。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大や先進国政府の政策に対して高まる懸念に伴い、実体経済への深刻なダメージが露呈し株・仮想通貨投資家心理は急悪化する。

このような悲観的相場を受け、ユーザーはJoe007に対し『底値』の在りかを訪ねた。Joe007はこのように見解を示す。

底値を突き、そして相場が反転するには、つまり:実在の需要=実在の供給+遅れた『半減期』への期待+清算されたマイナーの担保金。この算式となる。

要するに、現在下落していた要因は、実在の需要が供給を上回っていない状況にあると指摘。特にBTCマイナーが半減期に向けて過剰なレバレッジをかけていることも相場がクラッシュすることを加速化させたとの指摘も散見される。

これまで、Joe007は『実在の資金』の指標としてUSDT(テザー)の流入を見ていた。2月ビットコインの高騰時に際し、テザーの流入増加を確認できないため、相場の続伸はただの「幻」(スプーフィングなど)と警告を行なった。

さらに、トレーダーのビットコイン相場推移における心理的傾向について、「下落すれば、相場操縦だと皆が騒ぐが、出来高を伴わないFOMO相場に対しては確実な上昇だ・S2Fモデルが科学的だと信じてしまうのが今の群衆の心理だ」と、揶揄した。

ビットコインは13日(金)、一時3000ドル台に突入、前日比40%を超えたが、当時ボラティリティ急増に伴うシステムの負荷上昇により、BitMEXが取引サービスを緊急停止した直後、相場は急反発した。

執筆時、ビットコインは5500ドル台で取引されている。

12日から13日にかけて、ビットコインは24時間で最大50%を超える歴史的な下落幅を記録。BitMEX上では、過去最大級である19万BTC(1100億円相当)のポジション大量清算(ロスカット)のトリガーとなった。

BitMEX

アナリスト:今後に関する見解

相場は13日の安値から5000ドル台に戻ってきたが、著名アナリストのTone Vaysはもう一度5000ドルを割る可能性があると見ている。

SNSで、今回の激落がここ2年のベア相場を終える『最後の降伏』としながらも、ベア相場において5000ドル割れが最後ではないとコメントし、以下のように説明を行なった。

皮肉なことに、苦痛と挫折はおそらく足りていない。

再び5000ドルを下回るシナリオは見込めるのだ。とはいえ、今週の暴落でビットコインが底値を打った確率は、90%ぐらい。しかし、全値戻しには道のりが長いだろう。

CoinPostの注目記事

仮想通貨ビットコイン一時前日比40%安、さらなる暴落も急反騰でセリクラなるか
コロナショックによる株式市場の歴史的暴落に伴い、仮想通貨ビットコインは一時3000ドル台に突入。200週移動平均線など重要ラインを一気に割り込んだものの、その後大幅反発した。
ビットコイン大幅下落で一時停止したBitMEX、過去最大級19万BTCのロスカット発生
海外大手仮想通貨取引所GeminiとBitMEXは13日午前、ボラティリティ急増に伴うシステムの負荷上昇により、取引サービスが一時停止する事態に。過去最大級19万BTCのロスカット発生した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します