「ビットコインが安全資産でないと断ずるのは早計」米仮想通貨銀行CEO

17日の金融・仮想通貨市況

17日(米16日)、米ダウ平均は前週末比2,997ドル安となり、97年の「ブラックマンデー」以来となる下げ幅を記録した。

S&P500指数は取引開始直後に7%超下落し、取引所の全株式売買を一時中断する緊急措置(サーキットブレーカー)が再び発動。3月は、すでに9日と12日に発動しており異例の事態だ。

リスク回避姿勢を強めた株や為替市場の影響は、ビットコインなど金融市場全般にも波及。Arcan Reserchによれば、ビットコイン(BTC)とS&P500指数(株式市場)との相関性は、13日時点で、誕生以来初めてとなる0.52という高い数値を記録。

投資家心理の急悪化や追証回避売りなどの影響で、経済指数との連動を余儀なくされている現状がある。

ビットコインに対する見方

このような状況下で、ビットコイン(BTC)が安全資産との論調は影を潜めるが、米国初の仮想通貨銀行AvantiのCEOを務めるCaitlin Longは、「安全資産でないと判断するのは早計だ」と指摘。大手仮想通貨ファンドマネージャーPompのポッドキャストに出演、独自の見解を示した。

ビットコインやゴールドは、レバレッジのかかった金融ストラクチャーに縛られていない。

レバレッジ拡大に伴い大きな影響をもたらしているが、現物のゴールドや秘密鍵とともにビットコインを保有することは、本当に資産を持っていることと同義。レバレッジで架空の資産を持つのとは雲泥の差だ。

安全資産とは、金融危機や戦争などの有事において、避難先として使われる傾向のある性質の金融資産をさす。

これまでの代表的資産としてゴールドやシルバーが上がるが、発行上限のあるビットコインも近年、政治的不安やハイパーインフレを抱える国においては、デジタルゴールドとして見られる傾向もある。

長年米ウォール街のジャーナリストとして活動してきたLongは、「株や先物でレバレッジを膨らませた投資家が、追証回避のためにゴールドやビットコインから損失補填に充当している」と説明している。

参考:Pompのポッドキャスト

CoinPostの注目記事

仮想通貨ビットコイン市場暴落「5つの要因」激動の相場を時系列で振り返る
リーマンショック以来の金融市場全面安に伴う投資家のリスク回避姿勢は仮想通貨市場にも波及した。前週比一時-50%を記録したビットコイン相場では、何が起きていたのか。
ビットコイン大暴落で数億ドルの「マージンコール」発生、大手仮想通貨ローン企業で
ビットコインの歴史的急落に伴い、仮想通貨を担保とするローンで大規模なマージンコールが発生。MakerDAOはETH暴落で一時緊急閉鎖まで迫られた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します