CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨Steemを巡り敵対的ハードフォークが計画か 通貨分裂の可能性も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

敵対的ハードフォークを計画

Steemコミュニティが新たに敵対的ハードフォークを計画していることが報じられた。SteemコミュニティはTRONの創業者であるJustin Sun氏がSteemを大量に保有したことを端緒とし、その非中央集権的な仕組みが損なわれる懸念から、チェーンの主導権を巡って対立している。

Blocktradesの設立者で、Steemの委任者の一人でもあるDan Notestein氏が、ハードフォークの計画を分散型メディアプラットフォームのSteemit上で発表し、一部のコミュニティ側から賛同する声が相次いでいる。

Steemitは広告がなく、広告主の影響力を排したメディアプラットフォームであることを特徴としており、記事を投稿すると、投稿者はSteemを報酬として受け取ることができる。

また、読者も記事を評価するといった形でエコシステムに関わることでインセンティブが得られる。似たような仕組みを持つプロジェクトとしては日本ではALISなどが有名だ。

Steem自体はDPoS(Delegated Proof of Stake)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、基本的にはPoSと同じで、通貨を多く保有している人が、コミュニティの方向性を決める投票で影響力を持つ。

DPoSではさらに、Steemの保有者は委任者(Witnessesと呼ばれる)を選出することで、委任者がノードを運用、ブロックを生成する。これによって、少数の信頼できる人によって短い時間でブロックが生成されるという、安定性と実用性を兼ね備えた仕組みを目指している。

Steemのこれまでの経緯とは

この非中央集権的な性質を持つSteemitの開発企業をJustin Sun氏が買収、会社が開発資金として保有していた大量のSteemを手に入れ、Steemコミュニティに対し影響力を持ったことで今回の問題が勃発した。

この資産はコミュニティでの投票などに使われないことがSteemitによりプロジェクトのロードマップなどで宣言されていた。

しかし、新たにJustin Sun氏が保有したことでその宣言が守られるかが不明となり、コミュニティ側はJustin氏が手に入れた資産を投票に使われないことを確実とするためソフトフォークを行なった。

これに対し、justin側は取引所のバイナンス、HuobiGlobal、Poloniexと協力、取引所が顧客から預かっていたと思われるSteemを投票に使用し、委任者(Witness)をバイナンスとJustin Sun氏の認める代表者に置き換える措置をとり、チェーンの実質的な乗っ取りを行なった。

これによってSteemの非中央集権的な性質が損なわれたことになり、DPoSの仕組み自体にも懸念が及ぶことになった。なお、すでにバイナンスなどはこの行動が間違いであったと謝罪・対応を発表し、中立的な立場を守るとしている。

そして今回、Notestein氏は新しいチェーン「Hive」へSteemを移行する計画を発表したのがこれまでの経緯となる。

Notestein氏はSteemの価値の根源はコミュニティにあるとし、ハードフォークが行われれば現行のSteemの価値はなくなるだろうとしている。同氏も委任者であるため、大量のSteemを保有しているが、徐々に手放していく考えを示した。

以下に簡単な経緯をまとめた。

  1. トロン財団(Justin氏)がSteemit社を買収したことで、Steemを大量に入手
  2. Justin氏の保有するSteemが投票に使用されないようにするため、ソフトフォークが実施される
  3. Justin氏側はバイナンスら取引所とともにSteemブロックチェーンを実質的に掌握
  4. コミュニティ側(Blocktrades)は敵対的ハードフォークを計画

ハードフォークで何が起こるのか

ハードフォークとは、仮想通貨がブロックチェーンのアップデートにより、互換性のない二つの仮想通貨に分岐することを指す。ソフトフォークは分岐後も二つの仮想通貨に互換性がある場合を指す。

コミュニティ総意のもと行われたハードフォークでは、分岐した内の片方は放棄され実質的に消滅するが、コミュニティの意見が対立した場合には、しばしば敵対的ハードフォークとなり、二つの通貨がそれぞれ支持されたまま並存することになる。

このハードフォークによってSteemitが保有するSteemトークンのみ、新しいチェーン「Hive」へ引き継がれないよう計画されており、その他のSteem保有者は新しいチェーン上で保有量に応じた通貨を与えられる見込みだ。

また、これまでのSteemit上の記事(ブロックチェーン上に記録)も引き継がれるという。また、Steemit以外のSteem上のdAppsは、いくつかのプロジェクトはハードフォーク後、事態が落ち着いて、新しいチェーンの安定性が確認できたのちに移行する考えを示している。

敵対的なハードフォークでは、これまでビットコインなどでも例があるが、新しく生まれた側(今回はHive)が元の通貨の価値を上回ったことはほとんどない。

参考:Steemit

CoinPostの注目記事

大手ブロックチェーンSNS「Steemit」 トロン財団に事実上の売却
仮想通貨TRXのトロン財団とSteemit社が戦略的パートナシップを結んだ。これによりソーシャルメディア・プラットフォームSteemitはTronブロックチェーンに統合されることになる。
米下院、仮想通貨エアドロップ・ハードフォーク税制の明確化を国税庁に要求
米下院議員らは再びハードフォークに関する納税基準の明確化などを求める書簡をIRSに提出。 仮想通貨エコシステムが拡大しつつあるため、現行の基準は適しないと指摘。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア