TradingViewで各国コロナ感染者数の推移などが確認可能に

TradingViewに新機能が追加

新型コロナウイルス(COIVD-19)が世界的広がりを見せる中、人気トレーディングツールの『TradingView』では、コロナに関する新機能が追加された。検索欄で「COVID」と入力すると、国別でコロナウイルスによる感染者数や死者数などの推移を確認することが可能となっている。

Trading View

現在、新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)により世界経済は大きな打撃を受けている。国際通貨基金(IMF)の戦略政策審査局長を務めるMartin Mühleisen氏も世界経済に深刻な影響を与えていると指摘した。

そうした中で、各国のコロナウイルスへの対応状況を知ることは今後の経済を見通すにあたり、重要な一つの指標といえる。そうした観点からも、コロナのトラッキング機能を有益に活用したいところだ。

CoinPostの注目記事

イタリアの銀行がビットコイン取引を提供、国内封鎖で仮想通貨への関心が高まる
イタリアの銀行「Banca Sella」がビットコインの取引サービスを開始し、BTCでの決済も可能に。責任者は新型コロナによる非常事態で、イタリア国内における仮想通貨への高い関心を示唆した。
伊赤十字社、コロナ対策で仮想通貨の寄付受付 「ビットコインなど革新的技術こそ適している」
イタリア赤十字社が、コロナウイルス対策のため、仮想通貨で寄付を募っていることが分かった。関係者が目的や仮想通貨を利用するメリットを説明している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します