CoinPostで今最も読まれています

米失業申請330万件でリセッション懸念拡大、仮想通貨ビットコインの行方に高い関心

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リセッション局面とビットコイン

FRB(米連邦準備制度理事会)のジェローム・パウエル議長は27日、新型コロナウイルスのパンデミックを受け、米国は景気後退(リセッション)局面に陥った可能性があると述べた。

米労働省が26日に発表した「失業保険申請件数」は、15〜21日までの1週間で3,283,000件に達した。新型コロナの感染拡大と、緊急事態宣言からのロックダウン(都市封鎖)に伴い、宿泊施設、レストランなどの飲食業界を含むサービス業への影響が特に深刻で、リーマン・ショックの影響を受けた過去最大の数値、09年3月の66万件を大幅に上回ったという。

失業保険申請件数は、労働者が離職した後に初めて失業保険給付を申請した件数を週ごとに集計したものだ。4〜6月期の米失業率は1930年の世界恐慌に匹敵するとの見方もあり、4月3日(金)の米雇用統計発表を控え、各指標の急悪化が金融市場にどのような影響をもたらすか懸念される。

これに先駆け米国では、2兆ドル規模の刺激策が米国上院で承認された。現金給付案のほか、4月から最大4ヶ月の失業手当に当てる、また規模別で企業支援にも5000億ドルを用意する。欧州連合(EU)は26日、遠隔で首脳会議を開き、新型コロナ対策の封締め対策を強化することで一致した。

直近では、悪材料はある程度織り込んでいるとの見方もあり、株価は大幅反発している。米国を中心に世界各国が過去最大規模の景気刺激策を打ち出されたことで市場心理が緩和された格好だが、主要国における新型コロナウイルス拡大に伴う実体経済へのダメージは深刻で予断は許さない。

ビットコイン(BTC)市場への影響は

米国では2018年12月、米国債市場で、償還(返済)までの期間が長い国債の利回りが、短い国債の利回りを下回る「長短金利逆転(逆イールド)」が発生。国債利回りが3カ月ぶりの低水準にまで落ち込み、リセッション(景気後退)の可能性を示すシグナルが点灯していた。

これを受け、仮想通貨取引所ShapeShiftのErik VoorheesCEOは、「米国債の状況次第では、仮想通貨市場の追い風になり得る」との見解を示している。

もし再び金融危機が発生し、20兆ドル規模の負債(国債)を持つ米国政府の返済能力を問われ、通貨発行せざるを得ないということを世界が認識したとき、法定通貨は追い込まれるだろう。その際、仮想通貨に何が起こるか楽しみだ。

法定通貨の管理通貨制度における裏付けにある信用の担保が困難となれば、自国通貨の不確実性が高まる中、非中央集権のビットコインなどの仮想通貨に関心が向く可能性がある。インフレ通貨である法定通貨とは異なり、ビットコイン(BTC)の発行上限からデフレ通貨との見方もある。

仮想通貨先物取引を提供するDelta ExchangeのPankaj Balani CEOは、

「中央銀行は、FRBのように、金融市場への供給量を増やすことで景気刺激策に融資している状態だ」「法定通貨への圧力は、中・長期的にビットコイン価格にプラスに働く」との見解を示した。

eToroのアナリスト、サイモンピーターズもこれに同調し、「FRBが無制限の量的緩和を発表したことで、ドルの価値に対するインフレヘッジとして、投資家の目がBTCに向くのでは」と言及している。

08,09年のリーマン・ショックでは金(ゴールド)価格急騰も確認されており、「資産の移転」という観点からも注目され得る。

ビットコイン(BTC)価格

27日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-0.3%の73.9万円(6,815ドル)と横ばいに推移した。

金融の専門家が発信するCoinCollegeは、四半期末最終金曜日にあるDeribitのオプションカットオフに着目。17時以降には念のため注意が必要だとした。

米国時間27日、日本時間28日1時にはCMEの先物SQも控える。

CoinPostアプリ:クリプト経済指標

関連:CoinPost、仮想通貨の経済指標搭載アプリをリリース

2月下旬以降、コロナウイルス感染拡大に伴う株価暴落の影響で、ビットコイン(BTC)の先物取引高も急落。3月6日にはBTC先物日次取引高が8,800万ドル(約92億円)を記録し、直近3か月間の最低値を更新していた。

それに対して、3月6日のBTC先物の未決済建玉残高(OI: Open Interest)は2億1,700万ドル(約220億円)となっており、2月末の水準を維持している。

テザー残高急増

また、glassnodeアラート(@glassnodealerts)によると、取引所全体のUSDT残高が急速に伸びており、12.8億USDTに達した。

テザーは24日にも1.8億ドル分のUSDTを発行している。直近のテザー発行数推移は、BTC情報アラートで確認可能。

CoinPostの関連記事

仮想通貨XRP・BNBが単独上げ、要因は? 最大規模の難易度調整もビットコイン採掘上向く
仮想通貨市場は27日、ビットコインが73.7万円と史上2番目の難易度易化調整後も同水準を維持。3位XRP(リップル)が一時20円目前まで迫り、前日比10%高。9位バイナンスコインが1450円の前日比8%高と単独上げを記録した。
「仮想通貨氷河期」と異なる理由、ビットコイン暴落後でもbitbank口座開設数は40%増
国内取引所bitbankがmedium上で海外投資家向けのレポートを公表。12日のコロナショックに伴うBTC価格の暴落を経て、口座開設数が2020年以降の週平均に対し、40%以上増加していたことを明かした。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧