CoinPostで今最も読まれています

JPMorgan:仮想通貨を銀行が検討するためには本人確認とマネロン対策の厳格化が鍵

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

前向きな姿勢
JPモルガン社ブロックチェーンリーダーのUmar Farooq氏は、今後のソリューションとしてブロックチェーン技術や仮想通貨に対して前向きな姿勢を見せています。
小売銀行が仮想通貨を採用するための鍵は?
技術そのものより、それを取り巻くインフラ設備やKYC、AML対策の改善が今後のカギとなります。

一部の方はJPモルガンチェイス社がブロックチェーン技術に投資していると聞き驚くかもしれません。

JPモルガン社ブロックチェーンリーダー Umar Farooq氏は、銀行がブロックチェーン技術を応用した上で、ビットコインを好ましく思っている点を挙げています。

彼は2月7日アメリカニューヨークで行われたYahoo Finance All Markets Summit for Cryptoのスピーカーの一人でした。

彼は各銀行が既存問題のソリューションとして分散型台帳技術を応用することに目を向けている今、社内部によるブロックチェーンの“活発な開発”について話しました。

Farooq氏はブロックチェーン事業の代表であり、ビットコインに対して世間が思っている以上に前向きな姿勢をみせています。

彼は、『ブロックチェーンは善で、ビットコインは悪だという考えは仮想通貨界だけでなく、JPモルガン社にも根付いているのが現状です。我々は皆、ブロックチェーンが有望であると信じます。仮想通貨が悪いとまでは言いませんが、改善が必要なのは明確です。具体的に、問題点はKYC(顧客確認)とAML(マネーローンダリング対策)の規制です。銀行機関、規制者、中央銀行の方と対談しましたが、全ての方が仮想通貨のポテンシャルを感じています。その一方で、根本的に問題と戦う姿勢も見せています。仮想通貨が悪いとは言いませんが、何らかの発展は必須でしょう』と述べました。

無視されてきた問題

一方で、彼は『無視されてきた問題』であるジェイミー・ダイモン氏による過去のビットコインの酷評に対しても肯定的な姿勢を見せ、いくつかの見方を示しています。

Farooq氏は、『彼は過去の意見を正し、考え方を変えています。ダイモン氏は常に仮想通貨とビットコインの区別をはっきりしてきました。仮想通貨に関して言えば、銀行が改善点を凝視している中で、彼のコメントは適格だったと思います。たくさんの規制者と対談しましたが、彼らも同じ考えを持っていると感じ取れました』と述べました。

しかしFarooq氏は、『現段階では、学習する必要がある』と述べ、近日JPモルガンが一般投資家向けにビットコイン商品を出すとまでは公言しませんでした。KYCやAMLの基準が定まれば、『小売銀行が真剣にこの商品の検討を始める』と話します。

革命的な影響

一方で、仮想通貨市場が初期の段階にあった頃から、JPモルガン社は過去二年間ブロックチェーン技術の研究をし、イーサリアム上でQuorumを開発しました。今ではジェイミーダイモン氏はブロックチェーン技術が脅威だとは考えないようです。

Farooq氏はブロックチェーン技術が(特に当事者間の信頼の提供として)銀行産業に“革命的な影響を”与えると信じています。

彼は、『常に信頼できるアドバイザーの役割は存在します』と述べ、銀行がインフラやデータレイヤーを促進する役割を果たす可能性を示しました。

『必ず役割はある。短期的に見て実存的な脅威ではない』と述べました。

対話用ブロックチェーンバーチャルルームが1500人に増えたように、ブロックチェーン技術はJPモルガン社を引き付けました。

彼曰く、彼のチームも小さく始まり、今となっては各事業部門にブロックチェーン専門の従業員がいるそうです。

ブロックチェーングループは決済、保管、資本市場など多面にわたって関わっています。

彼は、『我々のブロックチェーンに対する根本的なアプローチは、顧客の問題をどのように解決するかをベースにしています。8割がた、ブロックチェーンが問題ではなく、インフラ設備の問題にたどり着きます。しかしブロックチェーンが有望なソリューションであるという残りの2割に我々は注目します。今後数々のソリューションを提供できることでしょう』と述べました。

JP Morgan: Bitcoin Must Evolve, Blockchain’s Not a Threat

Gerelyn Terzo, Feb 10th 2018

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧