2兆ドル規模の米経済支援策:現金給付にビットコインも購入可能なスクエアAPPを検討

金給付にスクエア社サービスを利用検討

ツイッター社のCEOを務めるJack Dorsey氏はトランプ政権に対し、同氏が代表を務めるSquare社を利用した米ドルの配布を提案している。

トランプ大統領は先週の金曜日、2兆ドル規模の景気刺激策法案に署名するなど、コロナウイルス拡大による市場の悪化を受け、米国民への大型支援策として大人一人に1200ドル(約13万円)の配布を行うことを検討している。

同様の経済支援策は、2008年のリセッションの際にも行われたが、その配布が完了するまでに数か月を要していた。そうした中で、Dorsey氏は、より効率的な分配方法としてSquare社のサービス「Cash App」の利用を提案した格好だ。

同氏は「国民は早急な支援を必要としている。そのための技術は既に存在しており、Squareおよび多くの競合他社が、それを行うことができる」とツイッター上で語り、米政府へ政策の援助を申し出ている。

CNNの報道によれば、既にSquare社は米財務省と協議を行っており、効率的な決済手段として、同サービスの導入が検討されているとのことだ。また、その他には、競合他社であるVenmoの利用も検討されていると伝えている。

Squareを率いるDorsey氏は、以前よりビットコインの支持者として知られ、同社のCash Appではビットコインを購入・送金することが可能となっている。

米国民への米ドル配布の手段として同アプリが利用された場合、ビットコイン及びブロックチェーンの利便性が広く認識される可能性も予想される。

CoinPostの注目記事

仮想通貨ビットコインの「Cash App」がTikTokで広告を展開 若者への普及が狙いか
決済企業のスクエアは昨年12月より人気SNS、TikTok上でインフルエンサーマーケティングを開始した。若年層へのビットコイン普及の足掛かりとなるか注目が集まる。
米2兆ドル景気刺激策 トランプ大統領の署名で成立
米大統領は日本時間28日、米国会で可決された新型コロナウイルスに対応する2兆ドルの大規模経済刺激法案に署名、同法は成立。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用