仮想通貨ネム、次世代トークンSymbolに関して日本語対応「AMA」を初開催 

ネム公式初のAMA

ネムグループは9日、NEMエコシステム-将来のガバナンスとプランについて発表した。

また、ネムグループは日本時間9日(木)の20時より、初のコミュニティAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)を行う予定。最初のAMAセッションは、以下の時間に予定されている。

第1回AMAは、英語と日本語対応で、Jaguar、David Shaw、David Mansell、Iain Wilson、Dave Hodgson、Kevin Newman、Etsuko Kanetaka、Minoru Oruiの8名が登壇予定。

AMAのツイッターアカウントは:@NemberAma。このアカウントで、ユーザーは質問を送信、NEM側が質問に回答する方式をとる。

AMAの目的:Symbolローンチの明確化

このAMAの目的について、新たにリリースされた『ネムエコシステム:今後のガバナンスおよび計画』との更新内容に関して説明することだ。

更新内容では、次期大型アップグレード『Symbol』のローンチ時期を明確にすることを中心に、当発表から10日以内に、ローンチまでのより明確なロードマップを公開すること、コミュニティとの情報共有などのアプローチ方法を新たに提案する。

また、既存のネム財団、ネムスタジオ、ネムベンチャーズは『NEMグループ株式会社(NEM Group Ltd.)』という1つの新たなガバナンス実体になる。

今後ネムのエコシステムは、ネムグループ、コアチームおよびコミュニティという3つの柱によって支えられることになるという。

出典:ネム

主体となる『NEMグループ株式会社』には以下3つの部門がある。

  • NEM Trading:トレーディングデスクおよび流動性管理
  • NEM Ventures:出資・提携・インキュベーター
  • NEM Software:プロダクト・技術・ビジネス・開発

経営陣も刷新され、ネムグループのCEOには、David Shawが就任。ネム財団のAlexandra Tinsman理事長は運営リーダーシップから退任し、6ヶ月の長期有給休暇を取るとした。

David Shaw氏は、大手通信企業ケーブル&ワイヤレス・アメリカズCEOなどこれまで25年以上のキャリアを有し、大規模なテクノロジーの買収や統合などのM&Aを主導するなどの経歴を持つ。

新しい経営陣は以下で構成される。

David Shaw – 最高経営責任者

Iain Wilson – 最高財務責任者兼NEMトレーディングMD

David Mansell – 最高執行責任者

Niko Mäenpää – 最高法務責任者

TBC – ソフトウェアカンパニープレジデント

Nate D’Amico – 最高技術責任者

Dave Hodgson – NEM Ventures最高投資責任者

Jeff McDonald – コアチームおよびブランドアンバサダー

参考:日本語の発表

CoinPostの注目記事

仮想通貨ネム:シンボル稼働後も、現行チェーンを生かす方針 委員会が4つのテーマで議論
仮想通貨ネムに関連したSymbol移行委員会が、現行のNIS1チェーンを生かす方針を改めて示した。主に4つのテーマで議論を行っているという。
NEM財団、日本チームを強化へ 仮想通貨ネムの「Symbol」公開に向け始動
ネム財団が、Symbolのローンチに向けて日本チームを強化する方針を明らかにした。日本市場開拓に向け、日本担当3名を起用。国内企業や地方自治体との提携、共同開発を進めていく。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用