速報 バイナンス、新独自ブロックチェーン立ち上げへ 謎のカウントダウンの意味は?

バイナンススマートチェーン

バイナンス独自ブロックチェーン「バイナンスチェーン」で新たなコミュニティ主導ホワイトペーパーが発表された。

新たなホワイトペーパーによると、既存のバイナンスチェーンのほかに、新たなブロックチェーン『バイナンススマートチェーン』を立ち上げる。目的は、スマートコントラクトの実装および仮想通貨BNBのステーキングだ。

昨年、バイナンスはバイナンスチェーンをローンチし、仮想通貨の新規発行プロトコルとして簡素化された、多くの企業が利用しやすい仕組みを採用していたため、スマートコントラクトの機能はなかった。新たなブロックチェーンを導入することによって、スマートコントラクトによるdAppsの開発や、より早い処理速度の実現は可能な分散型エコシステムの構築に乗り出す。

また、「Proof of Staked Authority」というPoS系メカニズムを利用し、BNBを使ったステーキングも実現するという。(具体的な報酬年利などは未公開)

さらに、この新しいブロックチェーンは、イーサリアムEVMとの互換性があり、既存のイーサリアムツーリングにも対応するという。

*下図は、バイナンススマートチェーンとバイナンスチェーンの対話イメージ

出典:Binance

バイナンス3.0

今回の発表に先立ち、バイナンスは今週から、「evolv3(evolve)」という予告ツイートを連日行なっている。具体的な内容は『カウントダウン』によって、明かされていないが、バイナンス3.0という新生バイナンスと思わせるメッセージが画像に込められている。

「Countdown Initiated. bash initiate protocol evolve.sh」というメッセージは、コンソールでシェルを実行するときのコマンドの可能性が高い。

バイナンス2.0というものは、昨年信用取引のローンチをもって実現した。これからは、3.0に『進化』するというメッセージではないか、との見解が散見される状況だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します