オンライン無料開催の大型仮想通貨サミットにバイナンスCZらが登場へ コンセンサス2020も

クリプト・アジア・サミット

大型仮想通貨(暗号資産)イベント、Crypto Asia Summitは仮想通貨取引所バイナンスCEOを務めるCZが新たにオンラインスピーカーとして登場することを発表した。

イベントの運営などを手掛けるTEAMZの運営するメディア、ChainTalkがサミットを主催する。

5月の18-23日にかけて、オンラインで開催されるこのイベントは、無料公開される予定で、公式サイトからフリーパスを入手することができる。

他にもBitcoin.comのロジャーバーや著名ビットコインプログラマーのJimmy Song、HashHubの平野淳也CEOも登壇者として参加する。

公式サイト:Crypto Asia Summit

コンセンサスもオンラインVR開催へ

新型コロナウイルスにより多くの仮想通貨・ブロックチェーンカンファレンスが延期または中止となる中、Crypto Asia Summiのようにオンラインでの開催に変更する試みはほかにも見られる。

同じく5月には米メディアコインデスクの主催する最大級のブロックチェーン・仮想通貨カンファレンス『コンセンサス2020』もオンライン(ライブストリーミング)での開催が決定されている。

Consensus Distributed」と名前を変えた本イベントは5月の11-15日にかけて開催予定。イベントへの参加は無料に変更となり、公式サイトから登録を受け付けている。

こちらのイベントにも多くの著名業界人(CZ、Caitlin Long、ユニセフのブロックチェーン責任者など)をはじめ、人気DJのチェインスモーカーズや仮想通貨プロジェクトAkoinを推進する歌手のAkonなども参加することが明らかになっている。

関連VRで開催へ 新型コロナを受け世界最大級の仮想通貨イベント「Consensus 2020」が発表

公式サイト:Consensus2020


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用