巨額の仮想通貨テザーがバイナンスに入金、ビットコイン高騰時

BTC高騰時に5000万ドルのテザー

仮想通貨(暗号資産)ビットコインは、30日未明に一時8944ドル(95.6万円)を付け、一時前日比15%の高騰を記録した。

whale_alertによれば、直近高値への急騰前の日本時間1時36分には、5000万ドル(53億円)に相当するテザー(USDT)が取引所バイナンスに送金されたことが確認された。

USDT発行量については、Tainoko(@btc_tainoko)氏製作の「BTC情報アラート」でも、発行量が急ピッチな右肩上がりのチャートを形成していることが確認できる。このデータは、USDTの時価総額としてコインマーケットキャップに反映しきれていない「テザー公式の発行枚数ライン(水色線)」を可視化したもので、より正確な推移がわかる。

市場急落に伴い、価格が安定する通貨への需要が増加したことも、USDT発行が続く要因となっていた。 そういった意味でも、USDTの大口取引所入金は、ビットコインへの買い需要を示す指標として注目されることとなりそうだ。

送金元は

送金元は「unknown」であり、バイナンス公式ウォレット以外のユーザーに該当することがわかる。このような大金の入金とビットコインの急騰との関係性は明確ではないが、USDTを含むステーブルコインの入出金は、投資家に注目される相場方向の目安となっている。

USDT需要に関する解説海外トレーダー調査、投資上級者ほどテザーに明確な需要:Overbit

その他、昨夜12時手前に約500万ドルのUSDTがOKExに転送されるなどの大口送金も観測された。

また、CZによると、29日における24時間の全体出来高が110億ドルを超え、バイナンス開業以来の最高記録を成したことを明かした。

ビットコイン急騰を解説する記事はこちらビットコイン、100万円の大台視野 仮想通貨市場の注目ポイントまとめ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します