現時点でTelegramはICOで$8.5億(約892億円)を調達したことを発表

Telegram がICOで$8.5億を調達
TelegramはICOで、$8.5億(約892億円)を調達したとのニュースが広まっています。この情報が確かであれば史上最大のICOになります。Telegramは、その資金調達の目的として、TONブロックチェーンの開発および、Telegramメッセンジャーの維持、発展を挙げています。
TelegramのICOの問題点
ICOのホワイトペーパーにも詳細が記載されているトークンの管理方法や、Telegramに保全されているトークンによるTON Foundationの投票権の偏りに関しての懸念も指摘されています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ICO史上最大の資金調達

メッセージアプリを提供するTelegramは、公記録にもある通り、賛否両論のあるICOで$8.5億(約892億円)を調達したことが今月13日にTelegram創設者兄弟が米証券取引委員会(SEC)に提出した私募の通知から判明しました。

もしこの情報が確かであると確認されると、史上最大のICOとなります。

CoinDeskのICO Trackerによると、以前のICO調達額の最高記録は2017年のTezosの$2.23億(約238億円)でした。

同年に、Filecoinは$2億(約210億円)Bancorは$1.5億(約157億円)をそれぞれICOによって調達しています。

この額はアメリカ証券取引委員会(SEC)の証券免除告知書で明らかにされ、Telegramが調達した資金は「TONブロックチェーンの開発および、Telegramメッセンジャーの維持、発展、そして、その他の使用用途は提供する資料に記載する」と記述されています。

2013年にロシア人の兄弟であるPavel Durov氏及び、Nikolai Durov氏によって設立されたTelegramは、1月にも”grams”という独自トークンの発行を通して$12億(約1260億円)の資金調達を予定していることを発表しました。

Telegramは高い運営費によって経営に困難を極めている現状がありましたが、このICOの成功によって苦境に立たされている同社の未来の安定に繋がるのではないかと考えられています。

ICOの目的の一部として、低コストで迅速な決済ネットワークや、その先の非中央集権的な身分証明、データ保管などの同社の新たな取り組みの資金調達も挙げられていました。

現時点で、$8.5億(約892億円)は事前販売によるものかは定かではありませんが、これは後に分かることでしょう。

そして、これはTelegramがベンチャーキャピタルやヘッジファンドに資金調達をアピールする際に何の問題も無かったことを示唆しています。

しかし、ICOに批判者は付き物であり、一部の暗号専門家は過去にTelegramのセキュリティを疑問視していました。

さらに、ICOのホワイトペーパーにも詳細が記載されているトークンの管理方法や、Telegramに保全されているトークンによるTON Foundationの投票権の偏りに関しての懸念も指摘されています。

MITの教授を務めるChristian Catalini氏は、以前CoinDeskに対して、企業は詳細やその計画を明確にしなければならないと述べ、以下のように語りました。

「投資家達は、そのチームが実際に計画やビジョンを実現できるかを評価するべきです。そして、万が一何か不具合が生じた際の保証も考慮すべきなのです」

$850 Million Raised in ICO So Far, Says Telegram

Feb 19, 2018 by Daniel Palmer

参考記事はこちらから

CoinPost考察

Telegramとは”LINE“や”Messenger“などのチャットアプリの1つで、現在2億人を超えるユーザーに利用されています。

セキュリティーと速度に重点を置いたアプリでマルチデバイスで使用することが可能で、一定期間アクセスがない場合チャットログなどの履歴が削除される機能や、シークレットチャットなどの機能が搭載されている点が人気となっています。

また、他アプリと違い広告が一切出ず、無料で使用出来るのも魅力の1つになっていて、仮想通貨市場では多くの方が利用するアプリの一つです。

今回SECに提出された書類によりますと、テレグラムICOの初回売り出しの日は1月29日となっています。

SECへの申請により、米国人も同ICOに合法的に投資できる準備が進むこととなります。

また、81人の出資者の中に米国人が含まれている可能性もあります。

現在、テレグラムICOは事前セール段階で詳しい内容は明らかになっていません、また、TONのホワイトペーパーとされる文書が1月中旬に流出しましたが、Telegram創設者はその信憑性について公に認めていない状況です。

その他テレグラムに関する参考文章はこちら↓↓

2億人のユーザーを持つチャットアプリ"Telegram"が巨大ICO実施へ
2億人のチャットアプリ"テレグラム"が仮想通貨史上最大のICO実施することをアナウンスし、今年1番注目のICOになるでしょう。
メッセージアプリTelegramでBTC、ETH、LTC、XRPの送受信が可能に?
TelegramとCoinbaseを統合させた新たなブロックチェーンプラットフォームが開発中です。メッセージアプリで、今までのようなアドレスの入力なしに仮想通貨を送受信できる未来の仮想通貨決済システムが誕生するかもしれません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用