楽天と連携するShopify、1800銘柄の仮想通貨決済に対応 ビットコイン・日本上場銘柄も

1800銘柄の仮想通貨決済を実現

カナダを拠点にするEC最大手Shopifyが、仮想通貨(暗号資産)決済企業CoinPaymentsと戦略的提携を結んだことが分かった。

本提携によって、Shopifyを通してショッピングサイトを立ち上げた事業者が、決済手段としてCoinPaymentsのサービスを選択することが可能になった。CoinPaymentsを選択したショップでは、買い物で仮想通貨1800銘柄を利用することができる。取引手数料を抑えながら、事業者がより簡単により処理速度の速い仮想通貨決済を取り入れられるようにして、仮想通貨の普及拡大を目指す。

対象銘柄には、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった主要銘柄のほか、ネム(XEM)やリスク(LSK)といった日本の取扱い銘柄にも対応する。ビットコインについては、ライトニング決済も対応可能だ。

また、すでに表示リストにない銘柄も、申請することで利用が可能になる。それらの仮想通貨を含め、対応銘柄は1800銘柄となるようだ。

Shopifyは「アマゾンキラー」とも呼ばれ、EC市場が変革する中で注目されている企業の1社。ECサイトの開発・運営を支援するプラットフォームを提供している。今年2月には米フェイスブックが主導する仮想通貨リブラの運営組織への参加を表明した。

関連カナダeコマース最大手Shopify、仮想通貨リブラの協会に参加

先月には、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、Shopifyを経由した利用者数が急拡大していることが分かった。NY証券取引所に上場する株価は、過去最高値を更新している。

関連仮想通貨決済可能なEC支援企業の株価が過去最高値

また4月7日から、国内通販大手の楽天と販売チャンネルの連携を開始。Shopifyを利用する事業者が、販売チャンネルとして「楽天市場」を使用することによって、「楽天市場」における商品登録や在庫管理、受注管理の店舗運営業務をShopifyの管理画面上から簡単にできるようになっている。

今回の提携に際し、ShopifyとCoinPaymentsは2019年にサービスのトライアルを開始。そのトライアルが成功したため、今回の発表に至ったという。国際決済では複数の決済企業が関わらなくてはならないという問題があるが、今回の提携でそれを解決し、よりスムーズな決済を実現することも狙いだ。CoinPaymentsは、Shopifyとの提携は仮想通貨決済を拡大する計画の1つにすぎないと説明している。

なおShopifyは以前から別の決済企業Bitpayと連携しており、これまでも仮想通貨決済の利用は可能だった。その時点で利用銘柄が300を超えていたとも報じられている。今回の提携がBitpayとの関係にどのような影響を与えるかは明らかになっていない。

参考資料 : CoinPayments


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用