CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 Nano(ナノ)とは/今後の将来性について

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

手数料無料や高速送金の仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)
DAGと呼ばれる技術(IOTAなどでも利用されている)により、手数料が無料となり、送金などが高速で実現できること、2018年2月2日にBinanceに上場したことから注目されています。
Nanoの今後と将来性
IOTAなどDAG技術通貨の注目が集まる事で、ゼロフリー・スケーラビリティの実現ができる仮想通貨として、今後将来的に注目が集まり続けることが考えられます。
目次
  1. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)とは?
  2. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)の特徴
  3. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)の今後と将来性

仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)とは?

Nanoは、2018年1月31日にRaiBlocksがリブランディングにより通貨名を変更して誕生した仮想通貨です。

新しいロゴとなる「N」の文字は、ノードを意味します。

DAGと呼ばれる技術により、手数料が無料となり、送金などが高速で実現できることから注目されています

2018年2月2日には、バイナンスに上場しており、これによる資金の流入が予測されており、昨年12月の大幅な上昇傾向から、安定化への値動きが続くなかで、今後Nanoの価格上昇が期待されています。

Nanoは、スケーラビリティ(拡張性)のある仮想通貨として、P2Pに最適な信用のある取り引きと裁定取引のための迅速な資金の転送を目的としています

またNanoは、資金転送においてリップルなどよりも高速になることを公表しています。

仮想通貨 Nanoの特徴

Nanoの特徴についてまとめました。

特徴的な強みであるDAG技術により、ゼロフリー・スケーラビリティ・送金の高速性を実現

Nanoの特徴的な強みと言えるゼロフリー(手数料が無料)、スケーラビリティを実現するのは、DAG(有向非巡回グラフ)という技術によるものです。

Nanoにおいては、それぞれのアカウントに独自のブロックチェーンを置くことによるラティス構造が採用されています。

トランザクションは、各アカウントのチェーンとして、アカウントの所有者が更新します。

これにより、ほかのネットワークの部分とは、非同期で、即時的に更新されるアカウントチェーンが実現できます。

具体的に送金の時は、送信側と受信側のそれぞれのアカウントの所有者が署名したブロックによりトランザクションが成立します。

このようなDAG技術により、マイニングなどのコストが必要なくなり、手数料が無料となるわけです。

また、この独自のDAGが、スケーラビリティの確保を可能にします。

安全性能の実証性において歴史的に浅いNanoの対応策は?

ホワイトペーパーにおいては、DAGという新しい技術が安定的に機能する実証例として、IOTAにおいて積みあげられてきた取引の累積額をあげています。

さらには、安全性を守るための対策が採用されています。

仮想通貨 Nanoの今後と将来性

Nanoの今後や将来性について考察するため、価格形成の要因や流出事件の内容をまとめました。

Nanoの価格形成の要因について

Nanoは、中国の仮想通貨取引所バイナンスでの投票で、1位の座を獲得して、上場が確定している点からも、多くの人からNanoが高く評価されていることがわかります。

バイナンス上場での資金の流入もあり、今回の事件における問題が解決すれば、昨年12月に、大きく上昇してきたIotaなどとともに、Nanoは今後将来的に再び上昇傾向に向くことが期待されてくると思われます。

年初には、時価総額で17位にまでのぼってきているNanoは、DAG技術によるゼロフリーやスケーラビリティの実現ができる仮想通貨として、今後も注目が集まり続けることが考えられます。

「BitGrail」の約211億円流出における問題は、いつ判明するのか?

イタリアのフィレッツェに所在する仮想通貨取引所「BitGrail」は、Nano1700万XRBの盗難被害にあったことを2月9日(現地時間)に公表しました。

現在、同市場においてNanoは、取引と入出金を停止にしており、警察が捜査にあたっています。流出したNanoの総額は、直前の価格1250円/XRBで換算すると約211億円となります。

創業者でCEOであるFirano氏はツイッターにおいて、全額の補償は、不可能であることを言明しています。

BitGrail側は、「解決に向けて、できることすべてに取り組んでおり、再開するために懸命に働いています」と表明しています。

公表前日の8日(現地時間)には、Firano氏がNanoのコアチームのメンバーと連絡をとり、技術的な検証方法などの話し合いが、行われました。

しかし、双方の見解などに違いがあることから、今後については、協力的な事態の収拾は見込めないようです。

BitGrail側は、盗難に関する詳細な技術情報は公表しないとしており、事件における技術面などの問題の所在が判明してくるのは、警察の捜査結果の公表を待つことになるようです。

仮想通貨:時価総額ランキングTOP50(投資初心者向けの解説あり)

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア