CoinPostで今最も読まれています

韓国電子大手LGが分散型台帳プラットフォームHedera Hashgraphに参加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

韓国LG電子、分散型台帳ヘデラ・ハッシュグラフに参加

韓国の大手電子機器メーカーLGエレクトロニクスが、分散型台帳プラットフォームHedera Hashgraphの「ヘデラ運営審議会」に加入したことが分かった。

Hashgraphは、ブロックチェーン以外の方法で分散型台帳を実現するオルタナティブ技術で、高速性、公平性、安全性を特徴としたコンセンサスプロトコルである。

ブロックチェーンのようにオープンソースではなく、技術は現在非公開。アメリカのソフトウェア企業「Swirlds」の共同創業者Leemon Bairdにより考案された。

関連:新たな分散型台帳技術「Hashgraph」とは?その公開実装「Hedera Hashgraph」も解説

運営審議会は、世界各国から最大39の企業・団体によって構成され、台帳のガバナンスを担当。LGは審議会の14番目のメンバーとなる。

メンバーは、Hedera Hashgraphパブリックネットワーク上でノードを実行、Hederaのロードマップとプラットフォームのコードベースの更新を承認し、審議会の分権化と多様性を担う。

メンバーには著名企業が並び、ボーイング、ドイツテレコム、Google、IBM、タタコミュニケーションズ、ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)などが参加。日本からは野村ホールディングスも加盟している。

LGは、ヘデラ運営審議会に参加する唯一の家電メーカーとして、他のメンバーと協力しつつ、分散型台帳を取引に採用して、消費者とサプライチェーンパートナーに利益をもたらす方法を探求するという。

ブロックチェーン分野も熱心

LGグループはブロックチェーンなど分散型台帳技術の採用に積極的だ。 

LGのITサービス子会社、LG CNSは今月米国の分散型技術企業Evernymとの覚書に署名、国際デジタルID規格を開発すると発表したところである。

両社は提携して、国際運転免許証やパスポートに代わる分散型ブロックチェーンIDシステムの開発を行うという。ブロックチェーンに記録されたデータは変更できないことから、デジタルIDはブロックチェーン技術の開発が活発に行われている領域の1つである。

また2017年にLGは、R3コンソーシアムのブロックチェーンCordaで金融取引をテスト。2019年には 、Hyperledger Fabricによって、鉱物コバルトを追跡するパイロットプロジェクトにも参加した。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を終わらせ、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア