CoinPostで今最も読まれています

AVA Labs、バリデータに200万トークンを分配予定 公式ローンチ前の最終テストネットで

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

テストネットへのバリデータ参加でAVAトークン獲得

「金融のインターネット構築」を掲げるブロックチェーンプラットフォーム「AVA」が、今年の夏に予定されたメインネットの立ち上げを前に、インセンティブとして合計200万枚のAVAトークンを分配する最終テストネットを開始する。

公式ブログによると、より現実的な条件下でネットワークをテストする「Denali」テストネットで、ノードを立ち上げ、ネットワークのアップグレードに参加し、さらにネットワーク上でノードを維持することで、参加者は一台のノードあたり最大2000AVAを獲得することができるという。

AVAとは

「プラットフォームのためのプラットフォーム」、また「ブロックチェーンのインターネット」と形容されるAVAは、米コーネル大学教授で、ブロックチェーン研究の第一人者とされるEmin Gün Sirerが設立したAVA Labsによる独自ブロックチェーン。Sirerはビットコインに先立って2000年代初頭に、PoWコンセンサスを利用した世界初のデジタル通貨「Karma」を開発したことでも知られ、業界では誰もが一目置く存在だと言える。

昨年5月に公開されたAVAプロジェクトは、同年2月にはアンドリーセン・ホロウイッツやポリチェーン・キャピタル等の著名ベンチャーキャピタルやヘッジファンドから600万ドル(6億5000万円相当)の資金調達に成功している。

AVAは、最長チェーンを選択するビットコインのNakamotoコンセンサスとは異なる、新たなコンセンサスモデルに基づいた「Avalanche」プロトコルを採用している。Avalancheプロトコルは、処理速度とともに分散性やセキュリティの面でも大幅に向上しており、高いトランザクション・スループット(システムレベルで数千/秒)とスケーラビリティを達成するとともに、他のブロックチェーンとの相互運用性とカスタマイズ可能な高い柔軟性を備えているという。

その特徴を生かした実例が、イーサリアムをそのままAVAエンジンに搭載した「Athereum」テストネットのサブネットワークのローンチだろう。このサブネットワークは、イーサリアムの「友好的フォーク」により誕生したイーサリアムの上位互換で、RemixやMEW、Metamaskなどのツールも問題なく動作するとのことだ。

関連イーサリアムを移植した「Athereum」がローンチ =Devcon 5

また、AVAはモジュール式であるため、仮想通貨に限定されない、多様なデジタル資産を発行、使用、また取引できる独自のサブネットワークを構築することも可能。プラットフォームのためのプラットフォームと呼ばれる所以となっている。

テストネットの概要

「Denali」テストネットは、今年4月に開始した最初のテストネット「Cascade」を基盤に構築されているが、これまで300名近くの開発者がノードを立ち上げ、運営していた。このテストネットの目的は、分散化された健全なメインネットワークの準備をサポートするAVAバリデータのコミュニティを構築し、教育を深めること、そしてその努力に報いる報酬を与えることだという。

参加者には6月1日から15日の間に、次の三つの「チャレンジ」とそれに対応した報酬が用意されている。

  • バリデータになる: 報酬500AVA
  • ネットワークのアップグレードに参加: 報酬500AVA
  • 健全なノードを最低180時間維持する: 報酬1000AVA

なお、AVAは仮想通貨取引所には上場していないため、一般購入はできない。 また、仮想通貨を利用可能な旅行予約プラットフォーム「Travela.com」の独自仮想通貨AVA(Binanceチェーン基盤)とは、全く異なることも留意したい。

開発コミュニティの構築

ブロックチェーンプロジェクトの成否は著名なリーダーや優秀なプロジェクトチームだけではなく、活発で熱意を持った大規模なコミュニティがあるかどうかにも大きく左右されると言えるだろう。

AVA Labsは、バグバウンティなどのタスクが用意された開発者促進プログラム(DAP)やソーシャルマイニングプラットフォーム「DAO Maker」を利用した貢献参加型プログラム「AVA Hub」への参加を強く呼びかけている。

AVA Labsの公式サイトは10カ国語に対応しているが、日本語での情報発信も積極的に行っており、現在、日本におけるコミュニティ活動を盛り上げるためのマネージャーを募集しているようだ。

コロナパンデミックの影響で、経済の先行きが不安視され、現行の金融システムが抱える多くの問題点が指摘される中、「次世代の金融ネットワーク構築」を目指すAVAが、どのような健闘を見せてくれるのか、注視していきたい。

出典:AVA Labs

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧