CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム・クラシックの機能や特徴とは?

本記事では、イーサリアム・クラシック(ETC)をなるべくわかりやすく解説いたします。

イーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨
THE DAO事件によりイーサリアムというプラットホームから分裂して誕生
イーサリアムの影響を大きく受けやすい
元は同じ仮想通貨であったことでイーサリアムの価格動向の影響を受けやすいため、投機対象として単独での評価は困難
独自の注目を集め始めている
ブロックチェーン関連の大型イベント「consensus 2017」での投資企業の発言、中国のビットコイン取引所であるBTCCが取り扱いを開始といった独自のニュースが増えているため、イーサリアムクラシック単独で価格が伸びる可能性も。
目次
  1. 概要
  2. 歴史
  3. 特徴
  4. ETCを取り扱う国内の暗号資産取引所
  5. ウォレット
  6. マイニング
  7. まとめ

概要

通貨コード ETC
取引開始日 2016年7月20日
承認アルゴリズム Proof of Work(Ethash/Casper)
発行上限 未決定
ブロック生成サイクル 約15秒
ブロックチェーンURL ブロックチェーン公式
公式サイト Ethereum Classic公式サイト
WhitePaperWhitepaperページ

次世代仮想通貨2.0と呼ばれ、ビットコインの欠点を徹底的に研究した開発者達の手によって、これまでビットコインの欠点と言われてきた部分をカバーして設計されたイーサリアムというプラットホームがあります。

イーサリアムクラシックは、そのイーサリアムというプラットホームから分裂して誕生した仮想通貨です。

歴史

ここではイーサリアムクラシックの誕生、イーサリアムからの分裂経緯について説明します。

THE DAO事件

分裂の原因であるTHE DAO事件を説明します。

まず、DAOと呼ばれている仮想通貨(トークン)を扱う、非中央集権で行っている投資ファンドの一つであるTHE DAOと呼ばれるプロジェクトが2016年に誕生しました。この投資ファンド内でDAOを入手するにはイーサリアムのイーサ(ETH)にて購入し、DAOを購入した時に用いられたETHがTHE DAOに入ってくる事によって資金が集まり、投資を集めるというスタイルを導入していました。

THE DAOが誕生した時には次世代の通貨概念を持ったとても革新的な投資法の一つとして注目を集めていましたが、プロジェクト開始後ほどなくして脆弱性を突かれる形でTHE DAOのシステムがハッキング被害に遭いました。

この結果、集まっていた資金の1/3ほどをハッカーによって不正に資金が移動されてしまいました。金額は5,300万ドル、日本円にして約65億円相当の資金です。

この事件後にイーアリサムではハードフォークが実行されて、”不正な資金移動は無かった”事になりました。

しかし事件はイーサリアムに問題があるわけではなく、THE DAOのシステムの欠点が原因だったにも関わらず、管理者を持たないはずのイーアリサムが介入されるのはおかしいという意見が出ました。

そういった反発意見を持つコミュニティーによって元のイーサリアムのブロックチェーンをそのまま利用する通貨が誕生し、新たな仮想通貨としての道を歩み始めました。

この仮想通貨こそがイーサリアムクラシックなのです。

その後

2016年に誕生してからすぐにイーサリアムクラシックは仮想通貨の時価総額上位に入り込みました。これはイーサリアムの特徴をそのまま引き継ぎ、ハードフォーク導入前のイーサリアムとほぼ同じ仕様であったことから、以前よりイーサリアムを支持していた人々からの厚い支持によって一気に上位に浮上してきたのです。

別々の仮想通貨として歩み始めたイーサリアムとイーサリアムクラシックですが、元は同じ仮想通貨であったことでイーサリアムの価格動向の影響を受けやすいというマイナス面もあります。

イーサリアムは大企業のマイクロソフトなどが参加しているEEA(Enterprises Ethereum Alliance)に関するニュースなど、世界中の投資家だけでなく、企業からも大きな注目と関心を集めるニュースが多いです。今後も大企業との提携や新たな構想などが発表される毎に大きな値動きを見せるものと思われます。

また、このイーサリアムのニュースに関連してイーサ(ETH)が高騰した場合、影響を受けてイーサリアムクラシックも価格が上昇していく可能性があります。

イーサリアムクラシック関連ニュース

分裂以降イーサリアムクラシックに注目が集まったニュースとして、2017年5月22日~24日までNYで行われたブロックチェーン関連の大型イベント「consensus 2017」でCoin chat club(仮想通貨投資家のグループ)のJucyGの発言内容が話題になりました。

Barry Silber(Degital Currency Groupと呼ばれる仮想通貨関連の大手企業の創業者)が管理しているETC trust fund(ETCの価値を引き出すための作られた投資ファンド)で、集めていた金額($39,050,000)がETCの時価総額($1,944,174,670)に比べて巨額であり、ETCが過小評価されている、と発言したのです。

更には、現在のETCの時価総額は本来の時価総額の10%以下である、これから先ETHからETCに変更する大量のプロジェクトがあるとも主張、barry Silberのtwitterでは現在の価格のETCで三年間、毎年ごとに$390,000をETCの発展のために寄付すると発表されました。

この発言後にはイーサリアムクラシックが大量に買われました。

次に、世界有数の規模を誇っている中国のビットコイン取引所であるBTCCがイーサリアムクラシックの取引をBTCC DAXで行う事を発表した、というニュースがあります。

大量のイーサは韓国市場に集中しており、韓国取引市場はイーサ全体シェアの約4分の1を占めていますが、中国イーサ取引市場では、国内2大取引プラットフォームのokcoinと火币が多くのイーサ取引を処理しています。

今のところBTCCは中国三大仮想通貨取引所の中で唯一イーサリアムクラシックを取り扱い、ETCの取引をサポートするプラットフォームです。BTCCによると、フラッグシップの仮想通貨取引所DAXも世界中の顧客が利用できるようになり、世界規模の仮想通貨と仮想通貨の取引プラットフォームになる、と発表しています。

更には6月初旬にOKCoinもETCを推し出す動きがあるというフェイクニュースが流れました。しかしcnLedgerの報道によるとOKCoinの顧客担当者はETCの取り扱い計画を否定しています。

特徴

イーサリアムにはスマートコントラクトという機能があります。詳しくはこちらの記事(イーサリアムのスマートコントラクトとは?)で述べていますが、スマートコントラクトはイーサリアムの最も重要な機能の1つです。

簡潔に述べると、執行条件と契約内容を事前に決めておくことで、その条件に合致した場合に自動的に契約が履行される仕組みのことです。

イーサリアムと同じように、イーサリアムクラシックでもブロックチェーン上にスマートコントラクトの記述が出来ます。スマートコントラクトを実行するには、イーサリアムでは「Gas Fee」という手数料がかかります。

イーサリアムクラシックはその誕生の経緯から、本来の分散型システムとしての理念を重視する層からの支持を集めています。クラシック派はコードを絶対視する「コードこそが法(Code is law.)」という理念の下に非中央集権性を追求しており、「コミュニティの多数決による合意形成」と「コードに則った合意形成」のどちらを重要視するかという非常に難しい問題提起に繋がっています。

イーサリアムクラシックはイーサリアムに比べて資金・人材が明らかに劣っています。そのため経営状況としては不安定な要素が多いのが現実です。

対してイーサリアムは豊富な資金と人材がいるため、今後さらに伸びる可能性が高いでしょう。上記した中国取引所BTCCの取り扱い開始は追い風にはなりましたが、今後どうなっていくのかは未だに不明瞭です。

長期的な視点で十分に考慮した上での投資をするべきでしょう。

ETCを取り扱う国内の暗号資産取引所

21年7月現在、bitFlyerやフォビジャパンなど、計7ヶ所の暗号資産(仮想通貨)取引所でETCは扱われています。

関連:人気通貨別の仮想通貨取引所おすすめランキング|ビットコイン、リップル、イーサリアム

ウォレット

MyEtherWalletか、外出先でも使うことが出来る便利なスマートフォンアプリがあるJaxxがお勧めです。jaxx2017年6月にハッキング被害に遭ったウォレットでもあるので、不安な方はMyEtherWalletを使いましょう。

MyEtherWallet公式サイト

Jaxx公式サイト

マイニング

Proof of Workを採用しているイーサリアムクラシックは、マイニングで稼ぐためにはコンピュータの能力が高ければ良いということになります。ビットコインと違って発行枚数に今の所上限が無いのが特徴です。

イーサリアムクラシックは他の仮想通貨のスタートと大きく異なっています。既にイーサ(ETH)を持っていた人に同じだけのイーサリアムクラシックを配布し、多くの人がイーサを保有している状態からスタートしているのです。よってイーサリアムクラシックはイーサリアムの影響を大きく受けやすい環境であるため、マイニングに関しても少し他の仮想通貨とは異なっている状況となっています。

マイニングに費用がかかり過ぎて、実質Proof of Workが成り立たなくなると言われているイーサリアムは、今後Proof of Stakeへ移行が予定されています。はっきりとイーサリアムクラシックとの差が出ますので、その際のマイナー達の動向次第で価格にも影響が出るでしょう。

まとめ

中央集権型のイーサリアムと非中央集権型のイーサリアムクラシック、同じ機能を有していながらもその理念がまったく異なるものであることが、ハードフォーク時に明確になりました。

資金や人材が劣るイーサリアムクラシックは分裂以降あまり注目を集めていませんでした。しかし、ブロックチェーン関連の大型イベント「consensus 2017」での関係者達の発言、世界でも有数の規模を誇っている中国のビットコイン取引所であるBTCCが取り扱いを開始するというニュースで再び脚光を浴びました。

今後イーサリアムの開発と共に差別化が進んでいくと、価格変動にも差が生まれるかもしれません。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア