カルダノ(ADA)のアップグレード「Shelley」、9日に新テストネットローンチへ

カルダノ、新テストネットをローンチへ

仮想通貨カルダノ(ADA)は9日、次期大型アップグレード「Shelley(シェリー)」の新たなテストネットをローンチする予定だ。

希望する人が誰でもブロック生成者である「ステークプール」を運営できるのが、今回ローンチされるテストネット。現在は選ばれた運営者だけがステークプールを稼働しているが、今年夏に予定されるメインネットのローンチに向け、参加者を拡大して次のテスト段階へ進む。

カルダノの開発は、Byron(バイロン)、Shelley、Goguen(ゴーグエン)、Basho(バショウ)、Voltaire(ボルテール)の5段階に分かれている。Shelleyのメインネットローンチ前の現在は、ロードマップ上ではまだ第1段階であるが、3段階目以降はShelleyと共に開発が進んでいるため、実装が容易になるという。

先月29日には、ADAの技術開発機関IOHKのCEOがShelleyのスケジュールを公表。今後は以下のスケジュールに従って進む。

  • 6月9日:Shelleyのパブリックテストおよびフォーセットが開始
  • 6月16日:Shelleyテストウォレットがリリース
  • 6月23日〜30日:メインネットの候補
  • 6月30日:Shelleyのコードがリリース
  • 7月29日:Shelleyの実装

関連カルダノ、次期大型アップグレードShelleyの実装日程公表

Shelleyはまだテストネットの段階だが、インセンティブ設計がすでにされている。世界で初めて学術的に安全性が証明された独自のPoSアルゴリズム「OUROBOROS(ウロボロス)」の実証実験を行い、その設計で必要なゲーム理論を機能させるため、テスト環境でもインセンティブが組み込まれている。

関連カルダノ、テストネットが好調推移 インセンティブ設計が影響か


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します