ビットコインマイニングに誘うマルチ商法で国際指名手配の男、未成年性的暴行容疑で逮捕

BTCマイニングのマルチ商法で指名手配の男

ビットコインのマイニング設備への投資と称して被害者から7億2200万ドル(771億円)を騙し取ったとして逮捕者が出ていたBitClub Networkの共同創業者の一人ラス・アルバート・メドリンが、ジャカルタの警察に未成年への性的暴行容疑で逮捕されたことがわかった。

メドリン容疑者は、BitClub Networkでネズミ講詐欺を働いたとして、米司法長官に起訴されていたが、その後逃走。インターポールが国際指名手配をかけていた人物。BitClub Networkの事件では、これまでに4人が逮捕されている(メドリン容疑者を除く、創業者4名)。

ジャカルタ警察によると、メドリン容疑者は観光ビザを所持しており、国際指名手配を受けた後に、どのように入国審査を通過したかを調査している。

インドネシアとアメリカの間では引き渡し協定が締結されていないが、過去に逃亡犯の引き渡し事例がある。今回のケースについても、アメリカ側の引き渡し要請を待っている状況にあるとのジャカルタ警察の特殊犯罪捜査責任者のコメントが報じられている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します