次世代の仮想通貨ランキング、どの銘柄がランクイン? 業界関係者らが見解

時価総額トップ10の価値

仮想通貨(暗号資産)リサーチ企業Blockfyreの共同創設者Simon Dedicが、次世代の仮想通貨時価総額ランキングについて私見を披露した。

ランキングに対する見解は、現在の時価総額トップ10がどの様に入れ替わるかを述べたもので、業界で今後評価されるプロジェクトについて、有識者らのコメントが注目された。

仮想通貨がトップ10入りするプロジェクトとして挙げた候補は、VeChain(VET)、 Chainlink(LINK)、Tezos(XTZ)、Cosmos(ATOM)を挙げている。一方、XRP、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインSV(BSV)、ライトコイン(LTC)、イオス(EOS)を入れ替わる候補銘柄に挙げた。

TOP10入り候補の理由

仮想通貨メディアCointelegraphに説明した内容によると、5銘柄と順位が入れ替わる候補については、VETのブロックチェーンがサプライチェーン領域で活用が進んでいること、LINKのプロジェクトはデータ提供元としての利用が増加していることを根拠にしている。今後市場が発展するためには、信頼できるサードパーティのデータが重要になるとした。

関連韓国カカオのブロックチェーン、Chainlinkのオラクル機能統合へ

またXTZのプロジェクトは期待が持てると述べ、ガバナンス構造はETHよりも優れていると指摘している。さらにブロックチェーンをメインストリームで普及させるためには、相互運用性が必要だと主張。異なるブロックチェーンを相互運用できるシステムを構築するATOMのプロジェクトやTendermintの技術も今後が楽しみだと述べている。

関連仮想通貨エニグマがリブランディング ETHからCosmos/Tendermint基板へ

入れ替わり候補に挙げた理由

XRPについては、利用が拡大していることは称賛するとしつつも、中央集権性が仮想通貨のコンセプトに反すると感じているという。米リップル社がXRPを販売していることも良い印象を与えていないという。

BCHとBSV、LTCに関しては、スケーラビリティ問題を解決できるライトニングネットワークのようなソリューションがあれば不要であると説明。BTCをより良くした仮想通貨は必要ないとした。

またEOSは、イーサリアム(ETH)の中央集権版のため不要であると主張。ICO以降、印象的な結果を残していないと指摘した。

他の有識者も私見を披露

Dedicのツイートは、時価総額が高い銘柄について言及したこともあり、大きな反響を呼んだ。反論する意見を述べたり、自身が価値があると思う銘柄を挙げるなど、様々な反応が見られている。

仮想通貨分析企業Messariの創設者Ryan Selkisは、来年の時価総額トップ10について、自身のランキングをツイートした。

Dedicと違い、ブロックチェーンの相互運用性を図るプロジェクトPolkadotのDOTトークンや最近価格急騰で話題になっている分散型金融CompoundのガバナンストークンCOMPなどを選んでいる。またモネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)と、匿名通貨を2銘柄挙げたことも特徴だ。

関連Compoundでテザーの供給量が200倍超、COMPの受け取り競争が背景か

参考資料 : Cointelegraph


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用