Zaifトークン下落 仮想通貨の発行主体と名称めぐり市場が困惑か

Zaifトークンが下落

仮想通貨取引所Zaifで取引される「Zaifトークン」が下落、0.146円から0.1301円まで一時11.5%安まで値を下げた。

Zaifの公式ツイッターアカウントで、「(Zaifトークンの)発行体はテックビューロ株式会社であり、当社ではない」とした発言を受け、売り優勢となった。

出典:Zaif Exchange

ことの発端は、Zaif Exchangeが「Zaif Exchangeアプリで特定の条件を満たしたユーザーを対象に、フィスココインのプレゼントキャンペーン」を発表したことにある。これを受け、ユーザーから「なぜZaif Exchangeは、Zaifコインでなくフィスココインなのか」との指摘が入った。

これに対しZaif Exchangeは、Twitetr上で取扱銘柄概要を記した公文書を掲載。「発行体はテックビューロ株式会社であり、当社ではない」と弁明している。

Zaif Exchangeの運営会社は株式会社フィスコ仮想通貨取引所

テックビューロ株式会社のもとで運営されていた仮想通貨交換所「Zaif」は、2018年9月に発生した仮想通貨流出事件後に、現在のフィスコ仮想通貨取引所へ事業譲渡が行われている。

その後、株式会社フィスコ仮想通貨取引所は一定期間に渡って、金融庁認定の仮想通貨交換業者として「フィスコ仮想通貨交換所」「Zaif」という2つの仮想通貨交換所を運営していたが、2019年8月13日に2つの取引所の統合を発表。フィスコ仮想通貨取引所に資産を持つ顧客の口座については、日本円および仮想通貨の残高すべてがZaifへと移管され、「Zaif Exchange」に統合されている。

Zaif Exchangeで取り扱う仮想通貨の発行主体は?

今回改めて確認したいのが、Zaif Exchangeで取り扱う日本産コインの発行主体について。Zaifの取扱銘柄の概要資料によると、以下の通りになる。

Zaifトークン(ZAIF):テックビューロ株式会社

フィスココイン(FSCC):株式会社フィスコ

カイカコイン(CICC):株式会社カイカ

ネクスコイン(NCXC):株式会社ネクスグループ

Zaifの取扱銘柄の概要


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します