JPモルガン・チェース:仮想通貨は我々の銀行サービスへの脅威である

JPモルガンの年次報告書
ビットコインを初めとする仮想通貨が銀行をも脅かす存在であると認識したことを明らかにしましたが、ブロックチェーン技術を使って送金などに使われるのは仮想通貨ではなくドルになると言及しています。

JPモルガンの社長は数ヶ月前からビットコインを詐欺と呼び、否定的でした。

その際に、どの政府(特に米国)も仮想通貨が大々的に存在することを許さないという考え方に固執しています。

しかし新たな報告書によると彼は、仮想通貨が自分のサービスにもたらす「危険」を理解していることと、それにどう対処しているかが明らかになりました。

危険な未来

火曜日に提出された年次報告書にてJPモルガンは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が自身の銀行のサービスの潜在的競争相手であることを認識しました。

Jamie Dimon社長はかなり前から仮想通貨が金融機関に対して与えるリスクを馬鹿にしていました。

さらに、基礎をなすブロックチェーン技術が通貨の移動に利用されるが、その通貨はビットコインではなくドルとなる、とも言っていました。

火曜日に提出された報告書は、銀行がユーザーを維持し、新たな技術と競い合うために変えなければいけなかった手段を詳しく説明しています。

報告書では、決済過程と他の通貨取引サービスが、仲介を必要としない仮想通貨などの技術によって特に影響されやすい、と強調されていました。

進行中や増える競争により、JPモルガン・チェースの製品とサービスの価格と料金に売り圧力がかけられる可能性があり、JPモルガン・チェースに市場占有率を失わせるかもしれません。

JPモルガンの年次報告書

JPモルガンは米国で「仮想通貨の脅威」にさらされている唯一の大手金融機関ではありません。

先週提出されたバンク・オブ・アメリカの報告書には、仮想通貨などのプロダクトを提供している競争者に自身のユーザーを奪われる危険性について書かれていました。

CoinPostの関連記事

バンク・オブ・アメリカ:仮想通貨は脅威になると危機感を示す
米国の大手金融機関であるバンク・オブ・アメリカが、仮想通貨の普及に関し自社が抱く懸念について言及しました。仮想通貨事業への関わりに消極的な姿勢を示しているものの、ブロックチェーン技術には強い関心を持っており、自社内でも研究を進めています。

ビットコインバイブル

これらのことは1週間半前に出された71ページの調査報告(「ビットコインバイブル」と称する人もいる)を読んだ人にとっては驚きではないはずです。

その報告書は銀行業が直面している複数の仮想通貨問題を徹底的に分析しています(銀行が自身の暗号またはブロックチェーンベースベンチャーを評価することも含む)。

その報告書は、「銀行がブロックチェーン技術をビジネスの指揮に利用する機会は、その分野に広範囲にわたって影響を及ぼす可能性があります」と結論づけました。

実のことを言うと、JPモルガンは仮想通貨の真実性を最初に認識した大手金融機関の一つです。

さらに自身のイーサリアムベースブロックチェーンを実装した最初の大手金融機関の一つでもあります。

今月JPモルガン・チェースのブロックチェーンイニシアチブ長Umar Farook氏が、銀行がこの新たな技術をどれほど真摯に受け止めているかを少し紹介しました。

ニューヨークのYahoo Finance All Markets Summitにて、「繁盛しているなんてものじゃないです。皆それが広がった速さに驚いています。これは信じ難いことです」と述べました。

JP Morgan Chase: Cryptocurrency a Threat to its Own Services

Feb. 28, 2018 by John McMahon

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加