英FCA、仮想通貨デビットカード発行を手がけるWirecard Card Solutionsに業務停止命令

Wirecard Card Solutionsが業務停止命令

英金融行動監視機構(FCA)は26日、Visaの仮想通貨デビットカードを発行を手がけるWirecard Card Solutions(WCS)の通常業務を強制的に停止したことを報告した。

FCAは、同社に規制下で活動を行うことは許可されず、資金や資産の処分を行なってはならない、としている。「不正会計疑惑」が浮上していた親会社のワイヤーカードは25日、破産手続きの開始を裁判所に申請すると発表した。

ワイヤーカードは、19億ユーロ(約2280億円)の現金が行方不明となっており、債務超過に陥ることは避けられないと判断された。

仮想通貨事業者に問題波及

今回の件は、仮想通貨事業者にも及ぶ可能性がある。仮想通貨決済事業を行うCrypto.comとTenXは、今回事業が停止したWirecard Card Solutionsのサービスを利用している。

Crypto.comのCEO Kris Marszalekは、「MCOカードにある顧客の資金は、イギリス金融庁に登録している電子マネー業者が保管しているため、影響されることはない」との声明を発表しているが、カード発行や今後の利用について混乱が生じることが懸念される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用