米最大モータースポーツ団体でレーシングカーにビットコインロゴ、Twitter社ジャック・ドーシーのCash Appがスポンサーに

ビットコインロゴが車体デザインに

米国の人気ストックカーレース「NASCAR」で活躍するBubba Wallace選手が運転するレースカーの車体に、ビットコインのロゴ「₿」が塗装されることになった。

スポンサーは、ビットコインの支持者ジャック・ドーシーCEOが運営するCash App(Square社)だ。

Bubba Wallaceは、アフリカ系アメリカ人で、米国で起きている「黒人差別反対運動(ブラックライブズマター)」に際し、奴隷制度の象徴である「南部連合国旗」の利用撤廃を訴えるために、試合中に車を手で推し進め、抗議していたことが話題となった。

ジャックがSNSに掲載したCash Appラッピングの車体やドライバーコスチュームのデザインを見ると、ビットコインのロゴ「₿」とCash Appのロゴ「$」が確認できる。

ビットコイン愛好家として知られるジャックは、Square社を通してビットコインネットワークの開発を推進している。今年の5月には、Cash Appで毎週1万ドル分のビットコインを継続的に購入していたことを明かした。

NASCARの過去事例

「NASCAR」に出場する車にビットコインロゴが塗装されるのは、今回が初めてではない。今年4月に開催された公式バーチャル版試合でも、ビットコイン愛好家であるBryan Cook選手が、車体にビットコインロゴをプリントしていたことがある。

出典:Reddit


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用