CoinPostで今最も読まれています

ベンツが独自仮想通貨発行|自動車メーカーのブロックチェーン利用相次ぐ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

メルセデス・ベンツ製造会社が独自仮想通貨を発行
同社は、独自仮想通貨である「MobiCoin」を発行し、低速で安全な運転を心がけている優良ドライバーに通貨を付与するプロジェクトを始動しました。
ブロックチェーン技術の採用に積極的な独自動車メーカー
ドイツの自動車メーカー界隈では、ベンツを擁するダイムラー社だけでなく、BMW、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ボッシュといった主要メーカーもブロックチェーン技術へ大きな関心を寄せています。

メルセデス・ベンツ – 独自仮想通貨の発行

Cointelegraphは、メルセデス・ベンツの製造を手がける独ダイムラー社が、独自仮想通貨である「MobiCoin」の発行を発表したと報じました。

このプロジェクトは2018年2月に始動し、3週間のテスト期間を見込んでいます。

テスト期間中、低速で安全な運転を習慣的に行っている優良ドライバー500人を対象にMobiCoinを贈呈することを予定しています。

対象のドライバーは、自動車のデータがダイムラー社に送信され、MobiCoinが発行されてモバイルアプリ上に保管されます。

MobiCoinを最も多く受け取ったユーザーは著名な自動車レースのVIP席を賞品として受け取る予定ですが、この仮想通貨が他の法定通貨、仮想通貨と交換できるかは未だ定まっていません。

BMW – VeChainとの提携

2/26、VeChain Thor(リブランディングによりVeChainから改名)のリブランディングが発表され、独BMW社とのパートナーシップを締結したことが発表されました

以前より、両社の提携については数多くの噂が飛び交っており、今回のリブランディングによってその噂が真実であることが明らかにされました。

同社が今後どのように業務提携していくかは明らかになっていませんが、今後の動向に多くの期待が集まっています

ポルシェ – ブロックチェイニング・カーの提案

ドイツの高級自動車メーカーであるポルシェ社は、ブロックチェーンの開発を手がけるスタートアップである「Xain」とパートナーシップを結び、「ブロックチェイニング・カー」の開発を提案しました。

ポルシェ:イーサリアムベースのブロックチェーン技術を車両に導入へ
「Xain」とパートナーシップを締結した、ドイツの高級自動車メーカー「ポルシェ」は、イーサリアムブロックチェーンを使用することで、サーバーを経由せずにオフライン接続を実現。アプリを通して車両のキーを開閉するためのプロセスは、”わずか1.6秒”で終了、これは今までの6倍の速さに相当します。

現在、自動車産業では自動運転技術やコネクテッドカーのようにインターネットへの接続機能を有するIoT化がトレンドとして、活発に開発が行われています

本プロジェクトでは、スマートコントラクトの利用により、データのやり取りをより迅速かつ安全に行うことを試みています。

さらに、自動車がスマートコントラクトを実装することで、どのような利益を享受できるのかについても模索されています

フォルクスワーゲン – IOTAとの提携

2018年1月23日、IOTA財団は、独自動車最大手メーカー・フォルクスワーゲン社のCDOであるJohann Jungwirthが同財団の諮問委員会に加わったことを発表しました。

IOTAはIoT技術に導入されることを目的として開発され、主に少額支払いを対象とした仮想通貨です。

初心者でもわかる仮想通貨 IOTA(アイオタ)|IoTの未来を支える技術とは
IOTA(アイオタ)は、Tangleという革新的な技術を用いてIoTサービスの安全性を高めることを念頭に設計された仮想通貨。IOTA独自技術の仕組みや、IoTに与える影響などについて解説。

Jungwirth氏は同財団でIOTAのロードマップ構築に協力し、さらに自動車のIoT化に向けフォルクスワーゲンとIOTAの提携を見据えています

IOTAによるマイクロペイメントシステムは、自動運転に要する無線通信の媒介、電気自動車への充電、駐車料金の支払いなどに応用されることが期待されています。

ボッシュ – IOTAへの巨額投資

独自動車部品メーカーのボッシュ社は、2017年12月に同社の保有するベンチャーキャピタルが多額の投資金を用いてIOTAトークンを購入したと伝えられました。

IOTAへの投資は、自動車産業におけるIoT化の将来を見据えたボッシュ社の戦略であると考えられます

CTechによると、ボッシュ・ベンチャーキャピタル(RBVC)のパートナーを務めるDr. Hongquan Jiangは、この度の巨額投資について以下のように言及しています。

IOTAのもつ技術は、IoT技術に分散台帳を応用する際に浮上する基本的な問題、すなわちスケーラビリティとトランザクションコストの問題を解決しうると考えています。

IOTAの技術開発はまだ初期の段階ではありますが、この技術の実現によって、IoT業界は大きな飛躍を遂げることになるでしょう

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。
12:00
「スイス中銀はビットコインを準備資産に持つべき」2B4CHが提唱
スイスの仮想通貨擁護団体「2B4CH」は、スイス国立銀行がビットコインを準備金として持つことを提唱している。国民投票を目指す計画だ。
11:00
米大統領候補ケネディJr氏、ブロックチェーンによる国家予算監督を提唱
米大統領選候補のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は21日、米国の国家予算をブロックチェーンに記録して透明性を高めるという考えを披露した。
10:12
NY証券取引所、取引時間の延伸を検討か
仮想通貨と同様に株式等を24時間取引できるようにすることのメリットなどを、ニューヨーク証券取引所が市場参加者に調査していることがわかった。調査の概要が明らかになっている。
09:25
Xverseウォレット、ビットコインRunes機能対応
XverseはOKXのOrdinalsマーケットプレイスや、Magic EdenのビットコインNFT電子市場で利用可能だ。ライバルの仮想通貨ビットコイン専用ウォレット「UniSat」もRunesに対応済み。
08:00
FTX、ロックされたソラナを個人投資家参加のオークションに
FTXは4月上旬ロックされたSOLを清算するために、高割引として、2,500万~3,000万の仮想通貨SOLを約19億ドル相当で売却。これは、1トークン=64ドルの安値だったが、当時の価格は約175ドルだった。
07:15
スクエニ「シンビオジェネシス」、世界展開をアニモカJPが支援
スクエニのNFTコレクティブルアートプロジェクト「シンビオジェネシス」の世界展開を支援するとアニモカブランズジャパンが発表。400社超のWeb3企業に投資するアニモカブランズのネットワークも活用する。
06:45
Magic Eden、ビットコインのミームコイン規格Runesに対応
Runesはビットコインの4度目の半減期が発動した4月20日にローンチされたビットコインメインネット上で代替可能な新規ミームコインを発行するプロトコルで、既存のBRC20トークン規格の改善版に当たる。
05:55
コインベース、AI・ゲーミング仮想通貨銘柄新規上場
KARRATプロトコルは、仮想通貨KARRATによってサポートされた分散型ゲームインフラストラクチャレイヤーで、ゲーム、エンターテインメント、AI主導の体験進化を加速させることを目的としている。
04/22 月曜日
14:47
ビットコインの新規格「Runes」、半減期後の需要殺到でBTC取引手数料が急騰
半減期直後の仮想通貨ビットコインにおいて、新規格「Runes(ルーン)」の影響が大きな反響を呼んだ。Ordinals(オーディナル)」開発者であるCasey Rodarmor氏が生み出したものであり、そのメリットに焦点が当たっている。
14:16
米ブロック社支援のマイニング企業Gridless、ケニアで再生エネルギーの利用促進
仮想通貨マイニング企業Gridlessは、アフリカ各国で太陽光や地熱を利用してBTCマイニングを行っている。地域の電力網にも貢献する仕組みだ。
12:20
マウントゴックス弁済巡る思惑強まる、公式サイトで日本円などの支払いオプション提示か
破綻した仮想通貨取引所マウントゴックスは、債権者への仮想通貨弁済について詳細を記した表を更新した.。返還金の売り圧も懸念されているところだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧