仮想通貨取引所HBTC、Filecoin(FIL)に変換可能な先物FIL3トークンを上場へ

Filecoin(3か月先物)上場

仮想通貨取引所HBTCは、将来的にFilecoin(FIL)に変換できるFilecoin3ヶ月先物トークン(FIL3)の上場を発表した。

今夏にもメインネットのローンチを控える注目プロジェクトFilecoinを先物トークンで代替し、マーケットを立ち上げる。

トークンの売り出しはフェーズごとに分けられて行われるが、取引所トークンHBCの保有などを条件に、通常の50%の価格でFIL3が手に入るキャンペーンも実施するという。

FIL3からFILへのトークンスワップ

FIL3はFilecoinの3か月先物トークンのこと。HBTCは、Filecoin メインネットのローンチから3か月以内に、「FIL3からFILへ1:1の割合でトークンスワップを行う」としている。

米ニューヨーク拠点の仮想通貨取引所Geminiは今年2月、Filecoin(FIL)のカストディ(保管・管理)サービスをメインネットローンチ後に対応する予定を明らかにしている。

Filecoinは、ブロックチェーンを用いたP2Pストレージサービス。いわゆる余剰ストレージを取引できる分散型ファイルシステムを構築するプロジェクトだ。2017年において最大のICOの一つで、その注目度も高い。SAFTの販売形式として適格投資家に販売されており、総額2.6億ドルの販売実績がある。

Filecoinは、ブロックチェーンのトークンインセンティブモデルを利用した分散型ストレージネットワークを構築するインセンティブ型IPFSでもあり、インセンティブモデルにより、ストレージシステムと検索マーケットの構築を目指す。ストレージと検索サービスを提供することで、マイナーは利用者からFILを獲得できる点にも注目が集まる。

関連:ネクストブレイク筆頭とされるFilecoinとは?

HBTCとは

HBTCのチームには、技術面はもちろん、ウォレット、サプライチェーン、デリバティブなどの金融分野に精通した世界トップレベルの人材が名を連ねる。ブロックチェーンの時代において、BlueHelix(HBTC)は、より高品質の製品、より安全な技術、より良質なサービスを全ての利用者に届けることを目指している。

親会社のBlueHelixグループは、HBTC取引所、Bluehelix クラウド、Bluehelix パブリックチェーンと3つの事業を展開しており、Bluehelixの分散型カストディサービス及び分散型クリアリングシステムは自社開発のブロックチェーンを基盤としている。

BlueHelixグループは、260を超える提携事業者(Bluehelixクラウドパートナー)にサービスを提供するほか、1000万人のエンドユーザーを有し、60億ドル以上の預かり資産を保管。

直近では、コミュニティに利益をもたらすため、Filecoinクラウドマイニングの提供を開始している。HBTCはFilecoinに関する人気サービスを安く、そしていち早くユーザーに提供することを目指している。

公式サイト:https://www.hbtc.com

IPFSとは

IPFSとは、分散型ファイルシステムでデータを保存・共有するためのプロトコルを持ったP2Pネットワーク。

IPFSは全てのコンピューティングデバイスを接続するグローバルなネームスペースで、各ファイルの識別のためにコンテンツアドレスを利用する。IPFSを利用することでBitTrentと同様に、ユーザーはコンテンツを受信するだけではなく、ホストすることもできる。

中央にサーバが必要になるものとは異なり、IPFSは全体のデータの一部を保持するユーザー・オペレーターによる分散型システムを中心に構築されており、ファイルの保存と共有のための柔軟なシステムを構築している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します