仮想通貨ダッシュ(Dash)プラットフォームの次期アップデートを発表

テストネットへの統合は年内予定

Dash Core Group(DCG)は25日、8月末から9月上旬にかけて実施するDashプラットフォームの次期アップデートのリリース予定を発表した。

DashプラットフォームはDashのネットワークに様々な機能を与える役目を持ち、非中央集権型APIやデータのDashネットワーク上での保存などが含まれている。また、DashPayなどのDashエコシステムのためのアプリ構築ができるようになる。

アップデートの内容は以下の通り。

  • ドキュメントのタイムスタンプ機能
  • コード品質の向上のためのDAPIクライアントの改善
  • テストの簡易化
  • 配布パッケージの改善

Dashプラットフォームの開発スタイル

一般的なブロックチェーン関連の開発プロジェクトでは、ノードが多数あり更新に時間がかるため、頻繁にアップデートを行うことはできない。

DCGはDashプラットフォームの開発に際して、頻繁なリリースとフィードバックからの改善を繰り返すアジャイル開発を取り入れた。

アジャイル開発を行うために、DCGがほぼ独占的に所有する開発環境である「Evonet」に約6週間ごとにアップデートをリリースしていく予定となっている。

今回のv0.14は3番目のリリースとなる。

また、Dashプラットフォームは年末までにDashのテストネットへ統合され、それまでにさらに4つのリリースがある予定だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用