「秒間48万取引を実現」JPモルガン出身者創設の米Kadenaがブロックチェーンをアップグレード

Kadenaがアップグレードを完了

米ブロックチェーン企業Kadenaは20日、同社のブロックチェーンのアップグレードが完了したことを発表した。

複数のネットワークを接続するパラレルチェーン型のパブリックブロックチェーンを開発するKadenaは、ネットワークの数を10から20に倍増。それによって秒間48万トランザクションの処理を行えるようになった。Kadenaは世界最速のブロックチェーンだと主張している。

Kadenaは、JPモルガンや米証券取引委員会(SEC)での勤務経験を持つWill Martinoが創設。ビットコイン(BTC)や現在のイーサリアム(ETH)と同じコンセンサスアルゴリズムであるPoWを採用しつつ、大きな課題であるスケーラビリティ問題の解決に取り組んでいる。

関連大型プロジェクト「Kadena」、メインネットをローンチ

Kadenaの「Chainweb」というプロトコルは、複数のネットワークを並行で稼働させることによって、セキュリティを維持しながら高速処理を実現している。

またPoWはマイニングに莫大な電力消費が伴うことを批判されることが多いが、Kadenaのブロックチェーンは処理速度が向上しても、電力消費量は増えていないという。これもChainwebの特長の1つだ。

Martinoは、BTCやETHなどで懸念されているスケーラビリティ問題を解決するためにKadenaを創設したと説明。スケーラビリティがメイストリームへの普及の障壁になっていると述べている。

Kadena独自のブロックチェーンをローンチし、今回チェーンの数を20に増加できたことで、デジタル資産をメインストリームで普及させる水準に達したと自信を見せた。

Kadenaは今後もブロックチェーンの開発を進め、次のメジャーアップグレードではチェーンの数を50まで増やす計画だ。それによって処理可能な秒間トランザクション数は100万を超えるとされている。

さらにネイティブ通貨Kadena(KDA)を米国で正式に取引できる規制下の取引所を、2020年末までに発表する予定だという。KDAは昨年9月、コインベースが上場候補に上げている。

関連米コインベース、新たに17の仮想通貨上場を検討

Kadena Kuroのローンチも発表

今回は次世代のプライベートブロックチェーン「Kadena Kuro(以下、Kuro)」のローンチも発表された。オープンソースのプロジェクトで、無料で利用が可能だ。

Kuroは現在、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)やマイクロソフトのAzureのマーケットプレイスでも利用できるようになっている。Kadenaが開発するスマートコントラクト言語「Pact」の需要が高まっており、できるだけ多くの企業がKuroを利用できるようにしている。

共同創設者のStuart Popejoyによると、Kuroはブロックチェーンのエンジニアが必要に応じて自由にカスタマイズできるという。

参考資料 : Kadena


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します