押収された「過去最大規模の仮想通貨」、米下院議員がトランプ政権に情報開示要求

米下院議員からの要求

米国会の下院議員Emanuel CleaverとJosh Gottheimerが、主要テロ組織から押収した仮想通貨をめぐり、トランプ政権に情報の開示を求めていることがわかった。

米有力政治メディアThe Hillによると、8月中旬、米政府は中東を拠点とするテロ組織al Qaeda、ISIS、およびHamas via the al-Qassam Brigadesから計300のビットコインアドレスから資金を押収した。具体的な金額は明かされていないが、政府は「テロリストから押収した仮想通貨資金として過去最大規模となる」としている。

下院の金融委員会に属する国家安全小委員会(National security sub committee)の理事長を務めるEmanuel Cleaver議員と委員会メンバーのJosh Gottheimer議員はトランプ政権宛てに、「国家安全小委員会が財務省および司法省から、押収した資金に関するより詳しい情報を知ることが非常に重要だ」と伝えた。

押収した仮想通貨に関する情報開示のほか、財務省が米国の金融システムを攻撃しようとする個人的行為を防ぐ試みについても報告するよう要求している。

財務省からの報告は、規制当局および法執行機関が仮想通貨の不正利用に対応し、テロ組織の資金ネットワークを破壊するために、我々議員の立法プロセスに役立つと考えている。

ーEmanuel Cleaver議員とJosh Gottheimer議員


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します